検索履歴
クリア

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、観光スポットが閉鎖または一部閉鎖となっている場合があります。 予約前に、政府が公開する渡航情報を確認してください。 WHOは新型コロナウイルス感染症の状況を注視しています。詳しい情報については こちらよりご覧ください。

さらに表示

アンコールワットの観光スポット

カテゴリー

Angkor Wat
star-5
123
オプションツアー975件

世界の人を魅了する東南アジア随一の観光名所、アンコール・ワットは、アンコール遺跡群を代表するヒンドゥー教寺院建築で、世界遺産となっています。アンコール・ワットは、12世紀前半、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、30年を超える歳月を費やし建立され、スーリヤヴァルマン2世自身の霊廟として、「死」を意味する方角である西側に向けて建立されたといわれています。

アンコールワットの中心には、中央塔がそびえています。この中央塔は、ヒンドゥー教の聖なる山、須弥山を象徴し、神がここに降臨し、王と合致する場所と考えられていました。周囲の回廊は陸と山を、水をたたえた濠は、海を表現しており、アンコール・ワットは、ヒンドゥーの宇宙観による宇宙を地上に表現したものだといわれています。寺院は外周を幅広い環濠で囲まれています。その内側に第1から第3回廊が取り囲み、第3回廊の四隅には、目印となる4つの塔がそびえており、水面に映る姿はとても魅力的です。

回廊の壁面には、ヒンドゥー教の宇宙観やクメール王朝の支配力を示した精巧な浮彫りが施されています。

さらに表示
Banteay Srei
オプションツアー361件

10世紀に建造されたバンテアイ・スレイ寺院は、シェムリアップの北東約38kmに位置します。アンコール遺跡群から離れた場所に位置しますが、「女の砦」を意味するヒンズー寺院は必見の価値があります。 アンコール遺跡群の中では規模こそ小さいですが、紅土により建造された美しい寺院で、精巧に彫られた見事な彫刻が全面に施されています。20世紀初期にフランスの考古学者がバンテアイ・スレイを発見したとき、その彫刻の見事さから「クメール美術の至宝」と賞賛したほどです。

遺跡の中心には3つの祠堂が建っており、ヒンドゥー教の三大神を祀っています。中心の寺院がシバ神を、他の2つはヴィシュヌ神とブラフマー神が祀られています。特に、女神デヴァターの彫像は「東洋のモナリザ」とも呼ばれていおり、とても美しい彫刻です。 バンテアイ・スレイは、紅土で建築された唯一の建物で、王ではなく、近くの土地を領し王師を務めていたヤジュニャヴラーハが建設しました。

さらに表示
Bayon
star-5
128
オプションツアー545件

バイヨン寺院は、巨大な城壁都市アンコール・トムの中心に位置し、アンコール遺跡観光のハイライトとも呼ばれる建築物です。バイヨン寺院がアンコール・トムの中心地に位置するのは、この寺院が、城郭都市の中で天と地が交わる場所を示しているからです。しかしながら、何世紀にもわたってジャングルに埋もれていた歴史もあります。

他の遺跡と同じように、クメール王朝の王、ジャヤーヴァルマン7世が在位していた12世紀頃に建築されたと言われています。バイヨン寺院では、観世音菩薩の四面塔が有名で、四面に顔面が彫られた塔がずらりと並ぶ様子は、まさに壮観です。観世音菩薩だと言われていたり、王を似せて彫られたとも言わていますが、どのお顔も穏やかな微笑を見せています。

バイヨン寺院では、回廊に描かれているレリーフも有名で、寺院を一周を取り巻くように塀にレリーフが彫られています。当時の生活、聖なるもの、戦闘の一端などを描いたものが壁一面を覆うように繊細に彫られています。

さらに表示
Ta Prohm
オプションツアー390件

When the temples of Angkor were abandoned by the kings who built them, the jungle took firm hold of Ta Prohm. This Buddhist monastery, built in 1186 by King Jayavarman VII for his mother, today looks much like it did when it was uncovered in the 29th century. In eerie fashion, giant trees shoot through the tops of structures, while thick vines split walls in two.

A favorite among visitors, Ta Prohm served as the backdrop for Lara Croft’s adventures in the film Tomb Raider, and it’s easy to see why. In all of Angkor, it’s the place where the dominance of nature over manmade creations is most evident and most impressive.

Keep an eye out for a Sanskrit inscription in the stone of the complex, which details that the temple once employed 18 priests, 2,740 officials, 2,202 assistants and 615 dancers, all supported by 3,140 villages.

さらに表示
Angkor Thom
star-5
137
オプションツアー351件

クメール王朝時代の最後の都城であったアンコール・トムは、「大王都」を意味する巨大なスケールの城砦都市遺跡です。12世紀に旧首都の跡地に建設されてたアンコールトムは、規模としてはアンコールワットより圧倒的に大きく、約12kmにわたる城壁と環濠によって囲まれています。現在は濠には水が張っていないため、ワニが姿を出す心配もありません。

外部とは5つの巨大な城門とつながっており、各城門は塔になっていています。城門の前方には、大通りがまっすぐ延びており、その大通りの左側には神々が、右側には阿修羅がそれぞれ54体、計108体が連なっています。 城壁を巡らしたアンコール・トムの都の中には、象のテラス、複雑な彫刻が施されたライ王のテラス、夕陽が美しい丘上に建つプノン・バケン寺院などが建っています。これらの遺跡を見学することで、城砦都市アンコール・トムに理解を深めることができるでしょう。アンコール・ワットの典型的な様式で建築されたの東メボン寺院やプレループ寺院なども必見の価値があります。

さらに表示
Preah Khan
オプションツアー239件

プリヤ・カーンは、アンコール・トムと同じ時代に建築された寺院で、往時は、たくさんの僧侶などがこの広大な敷地内に住み、一つの町として見なされていたほどです。この寺院は、クメール王朝のジャヤーヴァルマン7世が、チャンパ王国から戦勝を記念して建築されたものです。外側には、72体のガルダ(インド神話に登場する神鳥)の石像が立っています。

プリヤ・カーンは、仏教とヒンドゥー教の習合寺院であったため、仏塔や数々のヒンズー教の寺院があり、宗教の融合が見られます。後に、この寺院は、大乗仏教の僧院としても機能しました。 カポックの根が絡みついた遺跡は修復はされておらず、そのままの状態で残っており、今や遺跡全体を覆い尽くす勢いで成長した溶樹の姿は圧巻です。他にも、建築目的は不明ですが、円柱の柱が規則的に並んだ珍しい2階建ての建物が佇んでいます。

さらに表示
Pre Rup
オプションツアー197件

プレループは、961年にラージェンドラヴァルマン王2世により建立された、シバ神が祀られた三尖塔の建築物です。プレループの「プレ」は、変化、「ループ」は、体を意味し、王族の火葬場として使用されていました。境内には、火葬が行われたという石漕もまだ残っています。

プレループは、近郊に建つ東メボンが建築されたあとすぐに建てられたため、二重の周壁や中央祠堂などの建築様式が似ています。建設には、灰色の砂岩が使用されており、上層の風化が顕著に現れています。三尖塔の一番東側の塔の上層は、崩壊が進んでおり、塔の一部分には、草がほころび少しワイルド感が漂います。プレループは、アンコール・ワットと建築様式が良く似ており、その中央祠堂より規模は小さいですが、現在も荘厳な姿で佇んでいます。 急な階段を上って、寺院の頂上までたどり着くと、お天気の良い日には西側にアンコール・ワットの美しい尖塔を見渡すことができます。

さらに表示
Neak Pean
オプションツアー185件

ジャヤーヴァルマン7世は、統治時代にアンコールに数々の寺院を建てました。その中でもニャック・ポアンは、一番珍しい遺跡として有名です。少し観光地から離れた場所に建つニャック・ポアンは、仏教寺院を備えた人工の島となっています。

2匹のナーガ(蛇)が基壇を取り巻き、祠堂が池の中央に建っています。中央の池は、病を癒す不思議な水をたたえるヒマラヤ山脈の伝説の湖「アナヴァタープタ」を模したといわれています。中央の池を囲むように4つの池が東西南北に配置されており、その4つの池は、水、土、火、風を象徴しています。自然要素の平衡を保ち、それによって病気を治すと信じられていました。

中央池は、病を治すために人々が沐浴をした場所と伝えられています。もともとは「病院」の目的のために設計された場所で、こういった医療施設を建設したのは、ジャヤヴァルマン7世が初めてだったと言われています。 中央池の祠堂は、見学できませんが、池の周辺を散策することができます。特に、池の水面に夕陽が光り輝く時間は、とても美しいニャック・ポアンの光景が広がっています。

さらに表示
Baphuon
オプションツアー131件

11世紀に建てられたバプーオンは、他の多くの寺院がそうであったように、古代インドの世界観の中心にそびえる聖なる山、須弥山を形取るヒンズー教寺院として建立されました。後に仏教寺院として改修されています。バプーオン寺院は砂に覆われた土地に建設されたため、他の遺跡と比べる寺院の保存状態が悪く、多くが崩壊しています。

パブーオンが後世に仏教寺院へと改築された時に、寺院の西側壁面には、大きな涅槃仏も作られました。かなり崩壊していたものが修理されため、涅槃物のレリーフを把握するのはなかなか難しいです。バプーオンで目を引くのは、何と言っても池の中央を通る参道、空中参道です。この池と参道があるために、比較的単調なピラミッド型寺院が非常に優美に見えます。バプーオンがジャングルに埋もれることと戦いなが佇む姿は、アンコール遺跡群の中でも最も神秘的な姿となっています。

さらに表示
Banteay Kdei
オプションツアー134件

バンテアイ・クデイは、1181年にクメール王朝初の仏教徒の国王、ジャヤヴァルマン7世が建てた仏教寺院です。まだ修復が進んでいないため、昔の面影が根強く残る遺跡です。バイヨン寺院の建築様式に似た建築物であり、バイヨン様式のようにこの4つの塔門にも、四方を優しく見渡す王の顔を真似た四面仏が刻まれています。

バンテアイ・クデイを訪問して最初に気がつくことは、崩壊の危険性から、遺跡があちらこちらで、つっかえ棒やケーブルなどで支えられている姿を見かけることです。これは、バンテアイ・クデイが、バンテアイ・スレイのように恒久性に富む紅土で建築されず、低品質の砂岩で建築されたためです。現在は、屋根や回廊などがほとんどが崩れ落ちてきています。 バンテアイ・クデイの反対側には、王室が水浴びしたとも言われる沐浴池、スラ・スランが広がっています。遺跡の散策後は、池の畔に座って美しい夕陽を眺めるのもお勧めです。

さらに表示

アンコールワットの他の観光スポット

Phimeanakas

ピミアナカス

オプションツアー110件

ピミアナカスは、アンコール・トムの旧王宮の敷地内に建つヒンドゥー教の寺院です。「天上の宮殿」を意味するピミアナカスは、10世紀から11世紀にかけて王族の儀式の場所として使用されていた建物です。その後、ジャヤーヴァルマン7世がこの周辺にアンコール・トムの城砦都市を建築しました。歴史家によると、この寺院はかつて金色に彩られた寺院だったと言われていますが、現在、その面影は何も残っていません。

伝説によると、中央塔には9つの頭を持った蛇ナーガ(蛇神)が宿っていたといわれています。ナーガは、女性に姿を変えており、夜になると、王はナーガと交わらなければなりませんでした。もし一夜でもこの行為を怠れば、王国に災いが起こると信じられていたという伝説があります。 ピミアナカスは、保護状態も決して良くないため朽ちてはいるものの、目を凝らして見てみるとなかなか趣のある建物です。ピラミッド式の建物の急な階段を上ると、近郊に建つバプーオン寺院の美しい景色を眺めることができます。

詳細はこちら
Bakong

バコン

オプションツアー53件

バコン遺跡は、アンコール遺跡群の中でもロリュオス時代の古いものです。バコン寺院は、幾何学的に均整のとれた構造美を持つ5層のピラミッド型に構成されていて、アンコールワットの原型となった建築と言われています。規模的には小さく、古い時代のものでありながらも、壮大なスケールを感じさせる魅力的な寺院です。

バコン寺院は、881年にロリュオス都城の中心寺院、そしてヒンドゥー教の最初の寺院として建築されました。三重の周壁に囲まれた五階層の寺院で、中央祠堂は後に修復されています。 バコン遺跡周辺には、20基ほどの祠堂が独立して点在していますが、修復を必要とするものや、木々に埋もれたものもあります。後に仏教寺院となり、仏教とヒンドゥー教の宗教の融合が見られます。

詳細はこちら
Roluos Group (Roluos Temples)

ロリュオス遺跡群

オプションツアー40件

ロリュオス遺跡群の3つの主要な寺院は、シェムリアップ周辺のアンコール遺跡群の観光拠点から少し離れた場所に建っています。アンコール遺跡群は北を軸にして建ち並んでいますが、王都がアンコール地域に移る以前のロリュオス遺跡群は、西側に位置しています。クメール王朝が始まった9世紀ごろの王都はハリハラーラヤと呼ばれており、ロリュオス遺跡群の3寺院はこの時代に建築されたものです。

プリア・コーは、ロリュオス遺跡群の中では最古の遺跡であり、「聖なる牛」の意味します。中央2列上に6基の祠堂があり、数多くの壁面には、精巧なレリーフが細部まで残っており、美しい姿が見えます。バコンは、ハリハラーラヤ王都の中心寺院で、アンコール時代初の5層の基壇からなるピラミッド型の寺院です。 893年に創建されたロレイは、プリア・コーに似ており、4基の祠堂が建っています。大貯水池の中央島に築かれた寺院であり、塔には美しい彫刻が施されており、精巧に書かれたクメール語の文字も記されています。

詳細はこちら

icon_solid_phone
お電話でも予約できます
+81 6 4560 2975
+81 6 4560 2975