検索履歴
クリア

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、観光スポットが閉鎖または一部閉鎖となっている場合があります。 予約前に、政府が公開する渡航情報を確認してください。 WHOは新型コロナウイルス感染症の状況を注視しています。詳しい情報については こちらよりご覧ください。

さらに表示

バンコクの観光スポット

カテゴリー

Grand Palace
star-4
155
オプションツアー410件

バンコクの王宮は、必見の価値がある美しい王宮です。1782年タイの新しい首都バンコクを設立したラーマ1世によって建てられ、ラーマ1世は、150年間この王宮で執務を行いました。

王宮内の豪華な装飾からから王達の支配した時代がうかがわれます。在位期間が一番長い現タイ国王プーミポンアドゥンラヤデート王は居住していませんが、王宮は、儀式や祭りなどに使用されています。 王宮の奥内にあるワット・プラケーオ寺院にてエメラルド仏が見学できます。メラルド寺院は1784年ラーマー1世の時代に国王の宗教儀式を行うために建てられました。堂に安置されているエメラルド仏はタイ国の本尊仏として最も崇められ、仏陀の教えを信じる沢山の人々が参拝にやってきます。15世紀に作られた美しいメラルド仏は緑色をした翡翠から彫られと言われています。

王宮とその深い歴史に理解を深めるにはガイドツアーに参加することをお勧めします。

さらに表示
Chao Phraya River (Mae Nam Chao Phraya)
star-4.5
389
オプションツアー282件

チャオプラヤー川(メーナーム・チャオプラヤー)は、、タイ南北流れ、主にバンコクなどを中心に流れる川です。タイの多くの都市はこの川の支流に栄えています。

チャオプラヤー川は、バンコクの街の中心地を流れることから市内の交通の大きな要素となっています。チャオプラヤー・エクスプレスと呼ばれる定期船、ロングテイルボートと呼ばれる地元の船が頻繁に運航され、主要観光名所に連れて行ってくれます。渋滞の多い道路を避けてフェリーに乗ってみてはどうでしょう。フェリーは、生活に密着した交通手段として使用され、移動に便利です。

観光船は、お手ごろな料金からディナークルーズまでさまざまな種類があります。ター・サートーン(バンコク・スカイトレインのサパーンタクシン駅近く)から船に乗ると、チャイナタウン、ワット・アルンラーチャワラーラーム、ウィチャイ・プラシット砦、王宮などが見学できます。 チャオプラヤー川は、川水が土色に濁っており臭いもあるので美しい川とは言えませんが、バンコクに立ち寄った際は、船を通して街の新鮮さを体験してみて下さい。

さらに表示
Temple of the Dawn (Wat Arun)
star-5
7
オプションツアー316件

The Temple of the Dawn - or Wat Arun - towers 260 ft (79 m) above the Chao Phraya river. With fabulous views of the rising and setting sun and of the city's main attractions, the temple is one of Bangkok's most visited sights after the Grand Palace.

Named by Bangkok's founder King Thaksin to signify the rise of the new kingdom (after Ayutthaya was destroyed), the Temple of the Dawn was originally much shorter until its expansion during King Rama III's rule (1824 - 1851). Local people donated the ceramic pieces that make up the temple's unique exterior decoration.

It is possible to climb the temple for views across the river to the Grand Palace and beyond but its narrow steps are not for the faint hearted.

さらに表示
Temple of the Golden Buddha (Wat Traimit)
star-3.5
8
オプションツアー230件

Located at the end of Chinatown's Yaowarat Road, near Hua Lampong Station, Wat Traimit is home to the world's largest gold-seated Buddha. Measuring in at three meters tall and weighing over five tons, the Golden Buddha makes Wat Traimit a prominent stop on Bangkok’s temple trail.

This impressive statue attracts floods of visitors who come to marvel at its impressive size and gleaming golden surface, but was once hidden from invading armies by a covering of plaster. Pieces of the plaster that once formed its disguise can now be found on display in a case within the temple.

さらに表示
Golden Mount (Wat Saket)
star-4.5
75
オプションツアー105件

ワット・サケット、通称・黄金の丘寺院は、バンコク王朝が創建された後すぐに、ラーマ1世によって建立されました。ラーマ1世は、この寺院で散発し、即位式に臨んだそうです。城壁の外側に建てられた寺院は、バンコクを伝染病が襲ったラーマ2世の時代には、遺体を埋葬する場所と化した歴史もあります。

その後、ラーマ3世によって大きな仏塔が建設されましたが、沼地で地盤がゆるく、支えきかったため、仏塔は崩壊してしまいました。その際に人口の丘が作成され、ラーマ5世によって金色の仏塔を伴った建物が再建されました。黄金の仏塔の中には、インドからの仏像や仏舎利が納めてあるといわれています。コンクリートの壁は第二次世界大戦の時に敵から丘を守るために付け加えられました。 金色の仏塔に続くらせん階段を上ると、丘の頂上にたどりどり着きます。頂上の回廊から見えるバンコク市街の景色はとても美しいです。暗闇に光る黄金の丘も美しいですが、日中、金色に輝く塔と青空のコントラストも見逃せません。

さらに表示
Marble Temple (Wat Benchamabophit)
star-2.5
5
オプションツアー79件

バンコクにあるワット・ベンチャマボーピットは、屋根瓦を除く全ての建材に大理石を利用しているところから大理石寺院と呼ばれ、タイを代表する建築物です。1911年に創建された大理石寺院は、イタリアから取り寄せた純白の大理石が使用され、西洋技術が幅広く取り入れられデザインされました。本堂には、成功佛と呼ばれる金色の本尊仏が祀られており、参拝客が多く訪れる寺院です。

本堂裏手にはラマ5世を奉った祠があります。回廊には、バンコク内やインドなどの主要都市から集められた50体を超える仏像が安置されていてます。屋根には色鮮やかなオレンジ色の瓦が使用され、窓にはステンドガラスがはめ込まれています。

大理石寺院は、現国王の宮殿や行政機関が集まるドゥシット地区の中にあります。シー・アユタヤ通りに位置するこの敷地は、昔ラオス軍との戦闘時、タイ軍が根拠地として使用した場所でした。

さらに表示
Khao San Road
star-5
96
オプションツアー55件

バンコクのカオサン通りは、世界のバックパッカーたちの聖地と呼ばれています。美味しく安い屋台、ゲストハウス、お土産屋、ナイトクラブが並ぶとても活気のある場所です。カオサン通り専用のホームページもあるのでご覧あれ!

王宮から徒歩約20分の場所にあるあるカオサン通りは、タイ観光が開発した80年代に発展しました。最初は、ゲストハウスが数軒ある静かな通りでしたが、80年代以降バックパッカーの聖地と呼ばれるほどまでに発展しました。 カオサン通りに滞在して、アジアの香りと異国の雰囲気を同時に感じてみてはどうでしょう。ここでタイや隣国への旅行も簡単にアレンジできます。この界隈は、観光客も多く、夜中から朝方まで賑やかなため、この活気さに好き嫌いがあるかもしれません。

さらに表示
Bangkok Chinatown (Yaowarat)
star-5
220
オプションツアー242件

チャイナタウン、またはヤワラー地区は、ヤワラー通りを中心にショップ、マーケット、レストランやホテルが立ち並ぶ賑やかなチャイナタウンです。他のバンコクのエリアとは違い、まだ中国の雰囲気が深く残る場所です。タイで財産の象徴といえば金で、この通りには、金を扱う金行と呼ばれる店が多く立ち並んでいます。通りや路地が重なり合い、アクセサリーから食料雑貨までところ狭しに商品が並ぶお店も立ち並んでいます。

1700年代からヤワラー地区に定住したタイの華人の歴史をヤワラート・チャイナタウン・歴史センターで学ぶことができます。この博物館は、黄金仏で有名な寺院・ワットトライミットの中にある最近登場した博物館です。タイに移住した華人の歴史から、ヤワラート地区がバンコクで最大のチャイナタウンへと変貌を遂げるまでの歴史が展示されています。

さらに表示
Bangkok National Museum
オプションツアー7件

バンコク国立博物館は、タイ国立博物館の本館で、東南アジアの中でも最大の規模を誇る博物館です。緑に囲まれたこの博物館は、国内最大の優れたタイ美術のコレクションが貯蔵されています。以前はあまり人気のない博物館でしたが、近代的に修復された後は、作品にも英語の記述が伴うようになり、観光客にも人気のある博物館となりました。

バンコク国立博物館は、絵画、彫刻、ブロンズ像をはじめ、新石器時代に遡るタイや隣国の歴史を網羅した作品が展示されています。博物館の展示物に理解を深めるためガイドを頼むのもお勧めです。博物館のハイライトは、王室の葬儀の際に使われる山車や、「プラプッタシヒン」という仏像が安置されているブッダイサワン礼拝堂です。また、タイ国はその昔、隣国との戦闘の際には象を用いたといわれ、その展示物や、槍や大砲などの武器が展示されたギャラリーも見所です。

さらに表示
Phahurat Market (Little India)
star-4
15
オプションツアー57件

Phahurat Market is located in the Little India area of Bangkok in the Phra Nakhon district of the city, which has a large Sikh community. Just a stone’s throw from Chinatown, visiting the market and its surrounding areas means a discovery of smells, sights, sounds, and tastes—a true feast for the senses.

The market is so named due to the main road that connects it, where stall and shop owners sell all manner of Indian-style clothing, jewelry, and food amid a labyrinth of narrow alleyways. These crowded lanes are mainly filled with swaths of fabrics, as well as ready-to-wear items of clothing. The area also extends along Chakrawat Road and further along Sampeng Lane, where neighboring restaurants offer a range of Indian cuisine to choose from.

The Phahurat Market is a popular and often crowded place, where visitors can wander around and soak up the atmosphere, stopping to haggle for some fine silks or to nibble on a delicious Indian snack from a street cart.

さらに表示

バンコクの他の観光スポット

Calypso Cabaret

カリプソ・キャバレー

star-4
57
オプションツアー41件

バンコクのアジアホテルで開催されるカリプソ・キャバレーは、伝統的なキャバレーから、美しいニューハーフたちが華麗に踊るショーまで盛りだくさんです。豪華な衣装をまとった踊り子達が、歌ったり踊ったり、とても美しいショーです。また観客は世界各国から訪れるため、演出には日本語、英語、韓国語や中国語などの海外の歌や衣装などを取り入れていており、それも人気の理由の一つです。

輝くステージの中、駝鳥や雉の羽を背中に沢山つけて踊る歌姫カルメン・ミランダのショー、マリリン・モンローの物まね、面白おかしい日本語で演技する芸者のショー。どの言語も響きがおかしく大笑いです。

韓国出身女性歌手グループ、ワンダーガールズの物まねなど完成度の高いショーにうっとりです。そして、フィナーレの美しさは圧巻です。ショーの内容から、お子様向けではないのでご注意ください。

詳細はこちら
Jim Thompson House Museum

ジム・トンプソンの家

star-4
4
オプションツアー35件

20世紀、タイシルクを世界に広めたことで有名なアメアメリカ人実業家、ジム・トンプソンの邸宅がバンコクにあります。彼は、タイのシルク王と呼ばれ、古美術の収集家としても有名でありました。この邸宅は、住居が博物館として公開されており、カフェスペースやショップもあり、都会のオアシスといった佇まいです。博物館では、彼が収集した骨董品、蚕種業、養蚕業と製糸業の全工程である蚕糸業のデモンストレーションも見学できます。

ジム・トンプソンの家は、タイの古い建築様式を取り入れ、チーク材でできた6軒の家を集めて作られています。陶磁器、石像、絵画などが飾られた部屋、図書館、書斎、シルクの展示室などがありとても興味深い博物館です。シルクに関連したたくさんの商品が陳列されたギフトショップやジム・トンプソンの生涯が記された本なども購入することができます。

詳細はこちら
Erawan Shrine

エーラーワン(エラワン)の祠

オプションツアー20件

バンコクにあるエーラーワンの祠は、プラプロムと言われる四面の金色の梵天像が祀られているヒンドゥー教の祠です。エーラーワンの祠は、様々な願いごとを叶えるパワースポットとして、タイの人にとって有名な巡礼地となっています。その当時、エーラーワンホテルの建設工事時に事故が多発し犠牲者もでました。悪霊がいるとして建設作業が難航したため、占い師の進言に従って、ブラフマー神を祀ったところ、無事工事は完成しホテルも繁盛したといわれています。

エーラーワンの祠は、花輪、フルーツなどで美しく装飾されています。参拝客は、境内で花や線香などのお供えセットも購入でき、4面の神様に順番にお賽銭も含めてお供えできます。

2006年早朝、ラートプラソン交差点にあるこの祠では、衝撃的な事件が起こりました。精神病を抱えて男性が、このブラフマー神像をハンマーでたたき壊してしまい、しかもこの男性は周囲の人たちに制裁を加えられ死亡しました。その後、ブラフマー神はしばらく布で覆われていましたが、ただちに第2代目の神像が作られました。

詳細はこちら
Democracy Monument

民主記念塔

star-5
1
オプションツアー18件

バンコクの中心に建つ民主記念塔は、立憲民主革命を記念して建てられた民主化と平和を象徴する記念碑です。1932年6月24日に起こった革命を記念し建てられた記念碑は、中心にある塔の周りを、高さ24mの四つの羽状の塔が囲んでおり、周囲には75門の大砲が立っています。塔の高さの24mは、6月24日を表しているといわれています。中央の祠を囲む4つの塔の台座部分には先の民主化運動を物語るレリーフが飾られています。また、タイの民主主義の象徴的な場所となっているため、政情不安、軍事独裁政権への抗議のため政治集会に利用されることもあります。

詳細はこちら
Khlong Toei Market

Khlong Toei Market

オプションツアー15件

This bustling local gem is the largest fresh food market in Bangkok, with stalls selling produce straight from rural farms, raw meat and seafood direct from the nearby fishing port. Khlong Toey is particularly crowded in early mornings, when locals arrive in search of the best fare but despite long lines the vibe is still pretty relaxed.

While travelers can find random items like batteries and electronics, the real draw here is food. Come prepared to sample fruits and vegetables straight from market shelves, or to tuck into steaming hot plates of green curry at one of the mom and pop breakfast and lunch stalls.

詳細はこちら
Taling Chan Floating Market

タリンチャンの水上マーケット

オプションツアー14件

タリンチャン水上マーケットはバンコク市内にある水上マーケット。開催されるのが土日のみの週末限定であるにもかかわらず、地元の人々や観光客にとても人気がある水上マーケットです。新鮮な果物や野菜、精肉やシーフードなどがチャックプラ運河にずらりと浮かぶ舟の上で売られています。

1980年代にプミポン国王60歳の誕生日を記念してタリンチャン市役所の前で開かれるようになったタリンチャン水上マーケット。朝はタイの伝統的音楽で活気付けてくれるこのマーケットでは、食料品だけでなく鉢植えや草花、工芸品やお土産品などがお手頃価格で販売されています。

詳細はこちら
MBK Center

MBKセンター

star-5
55
オプションツアー13件

MBKセンター(マーブンクロンセンター)地上8階建てのビルで約2000店が入居しています。電気製品の他にも、日用品や衣類、靴、時計なども販売されています。フードーコートを初めとしたファーストフード店やタイ料理屋も多くあり、食事をするにも便利です。開業当時はアジア最大のショッピングモールとして名が知られていました。地元の人ばかりではなく、観光客やタイ在住駐在員に人気の場所で、毎日100,000人の買い物客が訪れると言われています。

バンコクのファッションの中心地であるサイアムスクエアに位置しており、ガラス張りの外壁にMBKと緑の字で書かれたビルは人目を引きます。高級が漂うサイアムディスカバリーやサイアム・パラゴンに比べるとMBKセンターの商品は値段が安くなりますが、偽ブランドの場合もあるのでご注意下さい。

詳細はこちら
Princess Mother Memorial Park (Suan Somdet Ya)

プリンセス・マザー・メモリアルパーク

オプションツアー10件

プリンセス・マザー・メモリアルパークは、1993年に着工しました。ラーマ9世(プーミポン王)の母スリナガリンドラの追悼の目的で、彼女が幼少期時代を過ごしたトンブリーに改築されました。

タイの住人には、プリンセスマザーとして親しまれ、公園の中にある博物館は彼女の人生に捧げられ、家が再構築されています。2つの展示場にはプリンセスマザーの思い出となる品物や貴重な資料が展示されています。第1展示場には彼女の人生の記録や年代別写真が展示され、第2展示場には彼女の私物や、様々な儀式に使用されたものが展示されています。 公園の大半の部分は、手入れが施された美しい庭園や広場になっています。屋根のついた休憩所には、プリンセスマザーの像が配置されています。

詳細はこちら
Rajadamnern Stadium

ラジャダムノエン・スタジアム

star-3
5
オプションツアー8件

タイボクシングであるムエタイ試合観戦といえば、ラジャダムノエン・スタジアムです。タイのバンコクの中心に位置するムエタイやボクシング専用の競技施設です。ルンピニー・スタジアムと並び、常設施設の中では最高の権威をもつムエタイ試合会場で、地元の人や観光客に人気の場所です。1945年からこの有名なムエタイ試合会場で数々のプロボクサーが勝利を収めています。収容人数は1万人以上で、観客席には空調設備があり快適に観戦できるスタジアムです。

冷たいビールを片手に迫力ある試合を観戦をしてみてはどうでしょう。大興奮は間違いありません。

詳細はこちら
Bang Rak

バーンラック区

オプションツアー7件

バンコク都バーンラック区は、チャオプラヤー川に面しており、名門のホテル、レストラン、ショッピング、ナイトライフが集まり、国際的な雰囲気と地元の文化がブレンドしたエリアです。バーンラック区は非常に大きな地域ですが、チャオプラヤー川周辺が中心で、最も密集したシーロム通りが有名です。

ショッピングセンターや高層ホテル以外にもバーンラック区は、バンコク・フォークミュージアム、ワット・フアランポーン寺院、ヒンズー教の寺院スリ・マハマリアマン寺院などがあることでも有名です。 サパーンタークシン駅周辺、ジャルンクルン通りとシローム通りの交差点辺りは散策の価値ありです。この歩道には、伝統的なタイフード、民芸品、衣料品、装飾品、雑貨等あらゆるものが売られた露天がぎっしりと並び、地元の文化が体験できる場所です。

詳細はこちら
Sukhumvit

Sukhumvit

オプションツアー6件

Sukhumvit Road is the longest boulevard in Thailand (with the Skytrain running along most of its length), and the surrounding neighborhood has become the city’s makeshift international zone, with expats and well-off Thais living on the small side streets, called sois, that intersect it. It’s a neighborhood where choices are endless. Luxury hotels stand beside budget accommodations, and the food scene from five star to street stand is top notch.

What Sukhumvit lacks in tourist attractions it makes up for in its buzzing shopping and nightlife scene. By day air-conditioned shopping malls offer just about anything under the sun and sumptuous days spas promise relaxation. By night the neighborhood comes alive with some of Bangkok’s top nightclubs (and a few notorious red light districts).

詳細はこちら
Siam Square

Siam Square

オプションツアー3件

Siam Square is often referred to by locals as the center of Bangkok due to its central BTS sky train sop. The area also has a way of just drawing people in as a major entertainment and shopping mecca for consumers looking to buy anything from designer jeans to knockoff watches. It's a popular destination for locals, expats and tourists.

Despite its name, Siam Square is not really a square, it's more like a maze of tiny streets crammed with shops, restaurants, street vendors and more. Whatever you need to buy, chances are you can find is somewhere around here. Towering over the chaos are many 5 star hotels as well as three major upscale malls: Siam Center, Siam Discovery and Siam Paragon. Wander above and below and enjoy consumerism at its finest.

詳細はこちら
Baipai Thai Cooking School

バイパイ・タイ料理教室

star-5
58
オプションツアー3件

バンコクにあるバイパイ・タイ料理教室は、旅行先で料理が学べるユニークな料理教室です。アットホームな環境の中、他の教室では学べない特別な料理も実践的に学べる教室です。

バイパイ・タイ料理教室は、タイの伝統的料理を学ぶことに重きが置かれ、ハーブ、食材の使い方、調理法、盛り付け方までしっかりと学べます。プロフェッショナルなスタッフが、実践的に詳しく教えてくれ、最後には試食ができることが楽しみです。 バイパイ・タイ料理教室は、プロフェッショナルな料理教室ですが、それには似合わず寛いだ空間にあります。たくさんの植物に囲まれた2階建ての木製の建物が教室で、1階には、オープンクッキングスタジオ、2階には、ゆったりとしたダイニングルームが広がります。旅行中にリラックスしながらタイ料理を学べる料理教室です。

詳細はこちら
Banglamphu

バンランプー

1件のオプションツアー

バンコクにあるバンランプーは、ラッタナーコシンの東側にあります。賑やかなマーケットや昔ながらの商店がならぶエリアで、バンコクの古き良き時代がまだ根強く残る場所です。

バンランプーの中心には、全長24mの民主記念塔が聳え建っています。ラーチャダムヌンクラン通りに立つこの民主記念塔は、1932年の立憲民主革命を記念して建てられました。この場所はまた1992年の民主化運動時にたくさんの人が命を落とした場所であり、中央の祠にはその犠牲者が祀られています。 バンランプー周辺には、数々の伝統的な寺院も立ち並び、路地に入ると、昔ながらのタイの雰囲気が残っているのがわかります。近くには世界でも有名な外国人バックパッカーの溜まり場として知られるカオサンロードがあります。この通りは、バンランプーとはまた違った国際的な雰囲気のある賑やかな場所となっています。

詳細はこちら

icon_solid_phone
お電話でも予約できます
+81 6 4560 2975
+81 6 4560 2975