検索履歴
クリア

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、観光スポットが閉鎖または一部閉鎖となっている場合があります。 予約前に、政府が公開する渡航情報を確認してください。 WHOは新型コロナウイルス感染症の状況を注視しています。詳しい情報については こちらよりご覧ください。

さらに表示

北京の観光スポット

カテゴリー

Mutianyu Great Wall
star-4.5
171
オプションツアー1,379件

慕田峪長城は、北京から北東約90kmに位置する明代の長城です。慕田峪長城は、八達嶺が観光地として有名になった後、1986年に修復されました。周囲は深い山々に覆われており、山側の険しい急所を縫うように造られています。

全長約2.5kmの慕田峪長城には22の監視塔が建っており、徒歩で約1時間の距離です。八達嶺比べて観光客も少ないため、息を呑むような美しい景色を独り占めしながら散策することができます。城壁までは1,000段を越す険しい階段があり、かなりの距離がありますが、八達嶺に負けないぐらいの雄大な景色が広がります。頂上へは観光用のロープウェイやリフトで往復することもできますし、頂上から麓までトボガンソリに乗って滑り台を下ることもできます。

さらに表示
Great Wall at Badaling
star-3.5
36
オプションツアー224件

万里の長城は、1988年ユネスコの世界遺産に登録され、新・世界の7不思議にも選ばれています。万里の長城の中で最も有名なのが八達嶺長城です。八達嶺長城は、1958年に初めて一般に公開された城壁で、年間1千万人の観光客が訪れる人気の観光地です。八達嶺万里の長城付近の山々に咲く花々も美しく、その周辺は散歩にも最適です。八達嶺長城の北八楼への道のりは多少険しいですが、快適なロープウエーもあります。 最高地点の北八楼では標高1015メートル、そして幅は、6メートルと5頭の馬が並んで走れる大きさを持っています。保存状態がよく、北八楼から眺める八達嶺長城の景観は雄大なスケールです。観光用のロープウェイが両側の山の上まで設置されいるので、これを利用して山上口から入場することもできます。アクセスが簡単なことで観光客に人気のある場所です。

さらに表示
Forbidden City (Palace Museum)
star-4
87
オプションツアー1,238件
歴史上明・清王朝皇帝の玉座が置かれていた紫禁城は、何人たりとも許可なく入ることも離れることもできませんでした。北京の中心に位置するこのユネスコ世界遺産は現在、800を超える建物内に1,000近くの部屋がある故宮博物院になっています。皇帝の暮らしがどのようなものであったかに思いを馳せながら、世界最大の古代木造建築物群の一部を見学することができます。
さらに表示
Back Lakes (Hou Hai)
star-2
1
オプションツアー317件

北京は急速に開発が進み、昔の街の面影は徐々に消え去っています。しかし、故宮近くの湖、后海(ホウハイ)は、周辺に王朝時代以来の屋敷が並んでいます。フートンと呼ばれる住宅街の路地が巡っており、北京のいにしえの街並みがまだ残っています。この周辺には3つ湖(西海、前海、后海)があり、后海は、西海と前海の間にある湖で、伝統的な街風景が楽しめる胡同(フートン)地域の中に位置します。

后海エリアは、昔の面影が残る場所ですが、最近はまた伝統家屋をそのまま活用したカフェ&バーやショップがすらり並ぶ注目のスポットともなっています。観光、食事、ショッピングと総合的に楽しめる場所で、観光客だけでなく、地元人でも賑わっています。 后海観光といえば、人力車に乗っての胡同巡りがお勧めです。迷路のような胡同が観光でき、消えつつある古き良き北京の風景が満喫できます。

さらに表示
Great Wall from Jinshanling to Simatai
star-5
43
オプションツアー227件

Jinshanling and Simatai are two of the most remote and least restored portions of the Great Wall near Beijing. Visitors craving a more natural Great Wall experience, without the buses and crowds of domestic tourists posing for photos at every step, should plan to make the day hike between the two wall segments.

This stretch of the Ming wall was built here to protect the 17-mile (27 kilometer) defensible pass. The segment between Jinshanling and Simatai extends roughly 6 miles (10 kilometers), passing many portions of the wall left completely unrestored since the wall’s original construction.

From Jinshanling, it takes about 4 to 5 hours to hike all the way to Simatai, passing 43 watchtowers in various states of disrepair. Jinghanling, the starting point for the hike, sits 81 miles (130 kilometers) northeast of Beijing, so be sure to get an early start if you plan to complete the entire hike.

さらに表示
Shichahai
オプションツアー93件

Shichahai is a scenic area in the northwest of Beijing that’s home to three lakes – Qinghai, Houhai, and Xihai. Dating back to the Jin Dynasty, Shichahai was once an important commercial district but is now an area for recreation. The government in Beijing declared it a Historical and Cultural Scenic District in 1992.

Shichahai literally means ‘Ten Temple Lake’, and there are indeed ten famous Taoist and Buddhist temples in the area. There are also a number of places of historic interest and remnants of old-style royal mansions, including the Prince Gong Mansion and the Prince Chun Mansion. A rickshaw ride through Shichahai’s winding narrow laneways (known as hutongs) is a popular way to see the cultural attractions of the area.

Despite its historical backdrop, these days Shichahai is more known for its lively bars and restaurants, plus its vibrant lakeside atmosphere, where locals and visitors play sports and games in the wide open spaces.

さらに表示
798 Art District
オプションツアー79件

北京の北東部に位置する芸術エリア、798芸術区は、1950年代から軍事機器や半導体などを生産していた工場群「718聯合廠」のあった場所でした。現在この共産圏の暗い雰囲気の建物は、バウハウスの堅いイメージから変貌し、商業化を経て、中国の現代アートが結集するエリアへと発展しました。バウハウスのギャラリー、スタジオはもちろん、レストラン、カフェもある人気スポットです。

798芸術区の敷地面積は大きいため、時間をかけてゆっくり散策してみてください。特にこのエリアで一番の作品が集結するロング・マーチ・スペースはお勧めです。幅広いジャンルの作品を扱うギャラリーで彫刻、写真、絵画のコレクションが並んでいます。ギャラリーの中でも毛沢東のキャッチコピーが印象的な798時態空間、百年印象撮影画廊のフォトギャラリーは有名なギャラリーです。 中国の現代アートの画集はもちろん、芸術関係の書籍を購入したいなら、タイム・ゾーン8ブックがお勧めです。その後は、お洒落なレストランやカフェで休憩してみてはどうでしょう。

さらに表示
CCTV Headquarters
オプションツアー46件

中国中央電視台(CCTV)は中華人民共和国の国営テレビ局で、北京商務中心区ある、少し風変わりな形状の高層ビルです。オランダ人建築家レム・コールハースが設計したこのビルは、6つの辺が環状に連なるように組み合わされており、中央には巨大な開口部があります。重力を感じさせない建築デザインで、耐震性が確保されていると言われています。この奇妙な形から地元の北京の人々から「大きなパンツ」というニックネームで呼ばれています。 中国中央電視台内は、観光はできませんが、建物の奇妙なデザインを外側から見学するだけでも楽しいものです。2009年には旧正月を祝う花火が中国中央電視台本部ビルに付属する電視文化センタービルの屋上で引火したたため、ビルがほぼ全焼する事件がありました。そのためビル内では、セキュリティーが厳しくなっています。

さらに表示
Liyuan Theatre
オプションツアー37件

Liyuan Theater is situated in the Qianmen Jianguo Hotel in Beijing’s Xuanwu District, south of Tiananmen Square. The area is famous for being the birthplace of Peking Opera, and the Liyuan Theater has been hosting this traditional performing art since 1990.

Popular among tourists as well as Chinese opera lovers, the performances at the Liyuan Theater offer a classic introduction to Peking Opera, with elements of Beijing culture, kung fu, and even humor featuring prominently. Performers wear theatrical makeup, dramatic masks, and stunning costumes to convey their stories, and spectators should expect thunderously loud music and heart-felt performances from the stage.

The Liyuan Theater hosts a four-part Peking Opera every evening except Chinese New Year.

さらに表示
Tiananmen (Gate of Heavenly Peace)
オプションツアー33件

天安門は、中華人民共和国の象徴のひとつとされている門です。中国といえば天安門といえるほど、世界の人々に有名な場所です。天安門広場の北側に位置している天安門は、故宮(紫禁城)の正門であった門で、楼上で毛沢東が中華人民共和国の建国宣言を行った場所としても有名です。

1989年に起こった六四天安門事件は過去最大規模の民主化デモとして有名です。天安門広場に民主化を求めて集結していた学生を中心とした一般市民のデモ隊に対し、中国人民解放軍が武力弾圧し、多数の死傷者を出した事件です。 中国の代表的な城門建築である城壁の上に木造の楼閣が建てられています。そのサイズや装飾の豊かさから、世界でも芸術的かつ記念碑的な門として有名です。楼閣の下には金水河が望め、そこには広場と城をつなぐ金水橋がかかり、石獅と呼ばれる石の獅子が対になって城を守っています。毎月の1日には、一般開放日が開設されています。

さらに表示

北京の他の観光スポット

Chang'an Avenue (Chang'an Jie)

長安街

オプションツアー25件

長安街は、中国の首都北京の天安門広場を中心に東西に延びる幹線道路です。西長安街から東長安街へ延びる中国一の長さを誇るメインストリートで、東西に直線で突っ切りるこの道は有事に備え道幅は広くなっています。

長安街は、中国を代表する大通りとして過言ではなく、重要な歴史的建造物の建ち並んでいます。道路の両側には高層ビルが建ち並び、人民大会堂をはじめ、官邸がある中南海、北京市人民政府などの建物があります。また、中国国家博物館、民族文化宮、国家大劇院、北京駅など重要な建築物も多く建ち並んでいます。

詳細はこちら
Cuandixia Village

Cuandixia Village

オプションツアー18件

Travel back in time on a visit to the historic village of Cuandixia, which dates back to the famed Ming Dynasty. More than 500 well-preserved homes that date back thousands of years dot the landscape of this popular destination. Visitors looking to experience a taste of early life can opt to stay in one of these historic homes, since many of them now serve as travel lodges.

After wandering the cobblestone streets of the historic village, which include challenging outdoor staircases and quiet back alleys—head to the hillside where a network of scenic trails offers up epic views of Cuandixia Village that’s perfect for hikers looking to spend a day outdoors.

詳細はこちら
Capital Museum

Capital Museum

オプションツアー10件

The Beijing Capital Museum, opened in 1981 and moved to its current location in 2006, houses a sizable collection of imperial Chinese art and artifacts, as well as Buddhist relics from several Asian countries. Five aboveground and two basement floors house more than 200,000 specimens, including over 5,000 pieces in the main exhibition hall alone. You’ll find bronze, ceramics, calligraphy, paintings, old coins, jade sculptures, Buddhist statues and textiles, with the oldest pieces dating back to the New Stone Age.

Be sure to visit the second floor History and Culture of Beijing gallery that traces the history of the city from its first primitive residents to a modern capital. Learn more about the culture in Old Beijing in the fifth floor Folk Customs of Old Beijing exhibit. The jade exhibit, also on the fifth floor, contains nearly 200 intricately carved jade pieces with magnifying glasses to allow you to see the detail.

詳細はこちら
Inner Court (Nei Ting)

Inner Court (Nei Ting)

オプションツアー2件

During the time when the Forbidden City served as the residence for the imperial family, the palace was divided into an inner and outer court. The outer court was where the emperor came to conduct official business, and the inner court served as the living quarters and private gardens for the royal family. In the days of the Ming Dynasty, only royal family members, the emperor’s concubines and eunuchs were allowed within the walls of the inner court.

Visitors enter the inner court by passing through the Gate of Heavily Purity (Qianqing Men) flanked by two bronze lion statues. Inside, the court contains three halls similar to the three found in the outer court. The Palace of Heavenly Purity was where the emperors lived until the 1720s, while the Hall of Union houses the throne of the empress.

詳細はこちら
Nine Dragon Screen at the Palace Museum

Nine Dragon Screen at the Palace Museum

star-5
1
オプションツアー4件

During a 1773 renovation of a northeastern section of the Forbidden City, a Nine Dragon Screen was added to provide privacy for Emperor Qianlong’s retirement villa. Such screens can be found throughout China in palaces and gardens, each depicting nine different Chinese dragons in their carved reliefs. It is thought that evil sprits must travel in straight lines, so the Nine Dragon Screen is believed to serve the additional purpose of denying entry to evil spirits.

Each of the nine dragons on the wall are depicted playing with a pearl in the ocean. If you look carefully at the white dragons, one of them has a piece of wood on its stomach. According to local legend, the artisan responsible for the wall added the wood to replace a piece of broken glazed tile to meet his deadline. The gold dragon in the center of the screen is meant to represent the emperor.

詳細はこちら
Donghuamen Night Market

Donghuamen Night Market

オプションツアー4件

Follow the sizzle of wok frying and the shouts of the vendors to this quintessential Beijing experience. Donghuamen (Dong Hua Men) night market is pedestrianized, and the entire length of it is crowded with locals and tourists alike. Why? Because there's nothing quite like eating food cooked in front of your eyes, in the open air, in all the excitement of colored lights and thronging crowds.

And the food? You can play it safe with a traditional stir-fry, or test your tastebuds out with scorpion, snake, bullfrog or locust. Much of the food comes on skewers, so you can wander and eat, although there are a few benches to perch on. Finish your meal off with a fruit skewer or custard bun. This is a local market as well as a tourist draw - everyone comes here, from grandmothers to courting teenagers to parents with kids. The food is ludicrously cheap, so you'll be able to try a lot!

詳細はこちら
St. Joseph's Church

St. Joseph's Church

1件のオプションツアー

Located on Wangfujing Street in the Dongcheng District of Beijing, St. Joseph's Church (sometimes referred to as the East Cathedral), is one of four significant Catholic cathedrals in Beijing. The construction of the church was finished in 1655, making it the second oldest in the city after the Cathedral of the Immaculate Conception.

Throughout the years, St. Joseph’s Church has seen a number of restorations. It’s a huge and imposing grey stone building, predominantly Romanesque in style but with some Chinese architectural features. Over the years it has become not only an important venue for Catholics, but also a significant cultural site and a popular attraction for visitors to Beijing.

詳細はこちら
Great Wall of China

万里の長城

star-4
250
1件のオプションツアー
万里の長城は、古代中国技術の偉大なるシンボルで、世界で最も有名な建築です。 万里の長城は、中国の歴代王朝が北方辺境防衛のために造った大城壁です。戦国時代に築かれたものを秦の始皇帝が匈奴に備えて大増築し万里の長城と名を称しました。全長6,000キロメートルの大城壁で、秦の始皇帝が数十万の軍兵、数百万の農民を動員し連結したと言われ、そのスケールの大きさには圧巻です。 遥かなる万里の長城を訪問し、その景観を見渡すと悠久の歴史に思いを馳せるでしょう。
詳細はこちら

万里の長城

オプションツアー8件
ユネスコの世界遺産に登録されている万里の長城は、古代中国技術を象徴する歴史的文化財で、世界で最も有名な建造物の一つです。 北方からのモンゴル遊牧民の侵入を防御する為に造られたこの長城ですが、モンゴル帝国により何度も突破されています。しかし、しばらくするとモン ゴル遊牧民が中国に同化し始め、モンゴルからの脅威は次第になくなっていきました。 万里の長城に上ると、まるで明王朝時代にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。周囲の雄大な自然にも圧倒されるでしょう。
詳細はこちら
Back Lake (Houhai)

后海(ホウハイ)

オプションツアー6件

北京市中心部にはたくさんの湖があり、その中でも后海、前海、西海の大きな3つの湖からなる、什刹海(シーシャーハイ)は風光明媚な湖として有名です。后海は伝統的な街風景が広がる胡同(フートン)エリアにあり、北京最大の観光名所、そしてナイトライフスポットとしても有名です。数々のレストランやお店が軒を並べ、夜には、ネオンライトで明るく賑やかに演出されたバーやカラオケバーもあり、若者や常連客で賑わいます。

夜はバー街として有名な后海ですが、日中は、水辺の憩いの場、そしてショッピングや食事も楽しめる場所です。レストランで美味しい食事を食べた後は、お土産屋を覗いてみたり、また、ショッピングに疲れたら、水辺で一息つくのもいいものです。遊覧船に乗って后海の景色を楽しむこともできます。

詳細はこちら
Bell Tower (Zhonglou)

北京鐘鼓楼

star-3
1
オプションツアー5件

北京鐘鼓楼は、おびただしい数の胡同が故宮の周囲に張り巡らさらた時代、街のシンボルとして構えていました。元、明、清と三代にわたって北京の人たちに時を告げつづけた場所でした。現在、修復された北京鐘鼓楼は、北京の重要な文化遺産となっています。

鼓楼は、元朝1272年に建てられ、1つの大太鼓と24の小太鼓がありましたが、現在は1つが残るだけです。鐘楼は、明朝1420年に建てられました。鼓楼・鐘楼とも、北京政変が発生し清朝最後の皇帝が紫禁城を追い出される1924年まで、時を告げる役目を果たしました。 太鼓のパフォーマンスが毎日開催され、北京の紫禁城エリアを観光する際、遠くからその太鼓の音が鳴り響くのが聞こえます。北京鐘鼓楼の中に入ることも可能で、急な階段を上がると、真下には胡同、遠くにはビル群の美しい景色が広がります。古い北京と新しい北京のコントラストがとても美しい景色です。

詳細はこちら

icon_solid_phone
お電話でも予約できます
+81 6 4560 2975
+81 6 4560 2975