検索履歴
クリア

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、観光スポットが閉鎖または一部閉鎖となっている場合があります。 予約前に、政府が公開する渡航情報を確認してください。 WHOは新型コロナウイルス感染症の状況を注視しています。詳しい情報については こちらよりご覧ください。

さらに表示

イングランドの観光スポット

カテゴリー

Tower of London
star-4.5
709
オプションツアー379件
ユネスコの世界遺産にも登録されているロンドン塔には非常に長い歴史が詰まっています。「ホワイト・タワー」と呼ばれる中央の塔は、1066年にイギリスを征服したウイリアム征服王が建設しました。1485年からは赤と黒の制服で有名なビーフィーターと呼ばれる護衛官がロンドン塔を護衛しています。ワタリガラスもロンドン塔の護衛上欠かせません。昔から「ワタリガラスがいなくなると英国が滅びる」という迷信があり、ロンドン塔では少なくとも6羽のワタリガラスが常に飼育されています。
さらに表示
St. Paul's Cathedral
star-4
2
オプションツアー355件

ロンドン大火後の1680年頃に建設されたセント・ポール大聖堂。教会自体は604年から同じ場所に建っていました。現在のセント・ポール大聖堂は建築家クリストファー・レンが設計したもので、ロンドンの象徴的建造物として今なお多くの人々に愛されて続けています。セント・ポール大聖堂は英国国教会の中心的役割を果たす教会で、多くの王室関係者や著名人がここで結婚式や葬儀を行っています。チャールズとダイアナが結婚式を挙げた教会としても知られています。

セント・ポール大聖堂の必見ポイントの一つは、壁に向かってささやくとギャラリーの反対側にいる人に聞こえるウイスパリング・ギャラリー。多くの著名人が眠っている大聖堂地下のお墓も必見です。大聖堂の設計者である建築家クリストファー・レン本人のお墓もここにあります。

さらに表示
Thames River
star-4.5
163
オプションツアー145件

The Thames is the longest river in England, the second longest in the United Kingdom. It flows from the west in the Cotswolds, passing through Oxford and London, ending at the sea at Southend-on-Sea in Essex. As far up as Teddington on the western edge of London, the river is tidal. Once the lifeline of London trade and communication, it's still busy with boats: sightseeing boats and houseboats mainly.

Once the only way across the river was to ford it, then London Bridge was built by the Romans. Nowadays many bridges criss-cross the river, the pedestrian Millennium Bridge, Tower Bridge and Albert Bridge are among the prettiest.

The Thames is home to many species of fish and birds - particularly white swans which are to this day all still owned by the Queen. The river is also used by rowers and yachtsman but not swimmers - the water is not the cleanest.

さらに表示
Houses of Parliament & Big Ben
star-4
32
オプションツアー400件

ウェストミンスター宮殿は、テムズ川湖畔にある英国国会議事堂として使用されている宮殿です。1840年にゴシックリバイバル様式で建設された壮麗な建物で、ビッグ・ベンの愛称で知られている時計塔は有名です(実際、ビッグ・ベンは、その時計台の大時鐘の名称です)。国会議事堂は、貴族院と庶民院から構成されており、両院はそれぞれウェストミンスター宮殿内にあります。

内部見学ツアーに参加することができ、傍聴席から英国式の皮肉たっぷりのジョークを交えながら討議している姿が見学できます。毎年、王冠を被った女王が貴族院の女王座に座り、国会開会宣言を行うことは有名です。

さらに表示
Westminster Abbey
star-4
33
オプションツアー375件
ウェストミンスター寺院は、英国王室の教会として長く豊かな歴史を持つ教会です。1066年のウィリアム征服王の戴冠以来、英国国王の戴冠式が行われている場所で、今までに38名の国王と女王が戴冠を受けました。現在の女王、エリザベス2世もここで戴冠を受け、ダイアナ妃の葬儀が執り行われたのもここ。ウェストミンスター寺院には17名の英国国王が埋葬されています。寺院には歴代の政治家や軍人、芸術家や詩人など偉人達も多数埋葬されており、シェークスピアやチャールズ・ディケンズもここに埋葬されています。
さらに表示
London Eye
star-4.5
649
オプションツアー220件
1999年の大晦日に正式にオープンしたロンドン・アイ(ミレニアム記念事業の一環)。今ではロンドンで最も人気のあるアトラクションの一つとして毎日大勢の観光客で賑わっています。ロンドン・アイには乗客を乗せるガラス張りのカプセルが32個設置されており、合計定員は800人。この大観覧車が一周するのに要する時間は約30分で、これは亀の歩く速度の約2倍の速さになります。ヨーロッパ一の大観覧車からロンドンの景色をゆっくり満喫しましょう。
さらに表示
Buckingham Palace
star-4
151
オプションツアー379件

バッキンガム宮殿は、1837年からイギリス王室のロンドンの公邸として利用されている、世界でも数少ない実際に使用されている宮殿の一つです。

最も豪華な部屋は公式諸間(ステート・ルーム)。公式諸間は海外からの来賓客などを歓待する部屋として、宮殿の中心的な役割を果たしています。レンブラント、ルーベンス、フェルメール、カナレットの絵画や、精巧なセーヴル磁器、英国やフランスの高級家具など、王室コレクションの貴重な美術品で豪華に装飾されています。宮殿の外で行われる有名な護衛交代式も見逃せません。

さらに表示
Shakespeare's Globe
star-4.5
4
オプションツアー104件

Theatrically inclined visitors to London will delight in the relatively recently reconstructed replica of the Globe Theatre, with which the Bard was famously associated. Guided tours of the facility offer an unparalleled glimpse into the theatrical craft, culture and community that thrived during Shakespeare's day (and in response to the author's mighty quill).

Originally constructed in 1599 by Shakespeare's playing company (the so-called Lord Chamberlain's Men), the structure was decimated by a fire 14 years later. A second structure was promptly erected, only to be closed in 1642, a mere 26 years after its founder's death.

A faithful replica of the structure (dubbed “Shakespeare's Globe”) was opened to the public in 1997, just 750 feet from the site of its predecessors. It offers the world's largest exhibition dedicated to the greatest scribbler in the English language, complete with actors, recordings and interactive displays.

さらに表示
Royal Crescent
star-4.5
598
オプションツアー61件

ロイヤル・クレセントは、バースにある三日月型に湾曲した形状をもつ建築物です。イギリスで最も印象的なジョージアン様式の建築物の1つとして有名で、バースのランドマークとなっています。

ロイヤル クレセントは、1767年から1775年に建築家ジョン・ウッド・ジュニアによって、テラス・ハウスが並ぶ集合住宅として建造されました。三日月の形をした建物は左右対称で設計され、住民が美しく手の行き届いた広大な芝生を見渡せるように綿密に計算されて設計されています。

ロイヤル・クレセントは、30戸の家から構成され、全長14メートルの高さを誇ります。イオニア式円柱が並び、ジョージアン様式の美しいファサードが優雅さを醸し出しています。ロイヤル・クレセントの大部分はそれぞれ民間の個人所有ですが、クレセントの中で最初に建てられた一番地が復元され、博物館となっています。18世紀の当時に実際に使用されていた家具などが展示されており、バースにおけるジョージアンの時代の生活が思い浮かばれます。16番地は、高級ホテル、ロイヤル・クレセント・ホテルが入居しています。

さらに表示
SEA LIFE® London Aquarium
star-3.5
14
オプションツアー32件

ロンドン水族館は、脅威的なサンドタイガーザメやかわいらしいジェンツーペンギンなどを含むヨーロッパ最大級の海洋生物コレクションを持つ水族館です。輝くロンドンアイの反対側に位置する水族館は、2,000,000リットルの水を収容し、薄暗く光る水槽の中、多種多様の珍しい海洋生物が住んでいます。世界500種類もの生き物が14箇所のゾーンに分かれて泳いでおり、子供達だけではなく大人も興奮する場所です。人気のあるシャーク・リーフ・エンカウンターでは、海の脅威であるサンドタイガーザメ、シノノメサカタザメ、カマストガリザメ、オグロメジロザメなどを含む40種類のサメを間近(怖ければ遠くから)に見学できぞっとするような体験が。ガラスの通路を歩くシャークウォークでは、下側にサメが泳ぐのを見学できたり、体験型エリアやタッチングプールでは、触れ合ったり餌を与えることができます。

さらに表示

イングランドの他の観光スポット

Parliament Square

Parliament Square

star-4
44
オプションツアー103件

At the heart of London’s Westminster district, the aptly named Parliament Square is a pocket of greenery at the epicenter of some of the capital’s most significant buildings and makes a popular photo opportunity for tourists, as well as being the site of many public protests and demonstrations. Notable buildings include the Houses of Parliament and Big Ben to the east, Westminster Abbey to the south, the Supreme Court to the west and Her Majesty's Treasury and the Churchill War Rooms to the north.

Parliament Square is also home to a prominent collection of statues of legendary statesmen, both from the UK and overseas, and including Winston Churchill, Abraham Lincoln, Nelson Mandela, Oliver Cromwell and Richard I, 'The Lionheart, as well as the most recent addition, Gandhi.

詳細はこちら
British Museum

大英博物館

star-4.5
75
オプションツアー81件

大英博物館は、パリのルーヴル美術館やニューヨークのメトロポリタン美術館と並び、世界最大級の博物館です。博物館は、1850年代にクラシック・リバイバル様式で建てられ、正面から見た姿は、まさにギリシャ神殿そのものです。

大英博物館は、もとは蒐集家・ハンス・スローン卿の個人コレクションを1750年に公開したのが始まりです。当時は、スローン卿の珍品を収集した巨大な「驚異の部屋」が一般に披露されました。 現在、大英博物館は、ロンドンで一番多くの観光客が訪問する博物館です。古今東西の美術品や書籍や工芸品などの約700万点以上が収蔵され、その中でもエジプトのミイラ、ローマの彫刻、ギリシャのパルテノン神殿の大理石、ペルシャ帝国のオクススの遺品などは有名です。大英帝国による植民地拡大の歴史の中、略奪品など不法な手段で搬出したとされる文化財も大英博物館に展示されています。そのため、その文化財を原産国に返還する返還運動も起されています。

大英博物館では、数多くのプログラム、トークショー、映画、ファミリーイベント、子供向けのアクティビティーなどが開催されています。見学の休憩がてらに、博物館に併設されているカフェで休憩したり、ミュージアムショップで記念品を購入してみてはどうでしょう。

詳細はこちら
HMS Belfast

HMSベルファスト

star-3.5
3
オプションツアー70件

ベルファストHMS号は、イギリス海軍の軽巡洋艦で、第2次世界大戦で活躍した本物の軍艦です。Dデー上陸作戦など注目を集めた戦いでも使用され、ソ連へ向かう船団の護衛に従事し、そして朝鮮戦争に参加しました。

その後、退役したベルファストHMS号は、1971年にテムズ川の南側に停泊されることになりました。大英帝国戦争博物館分館となったベルファストHMS号は、戦争や海軍の歴史がわかりやすく解説される博物館となっています。 巡戦艦の9つのデッキを見学することができ、病室、歯科を含む生活風景や仕事場を見学することができます。船内の展示では、当時の生活を人形や効果音で再現してあり、船上生活をリアルに体験することができます。デッキにある階段を上ったり、950人の船員の船上生活を追跡してみたり。船長室、通信室など他にも多くの施設があり、第2次世界大戦中の船内を、工夫を凝らして見学できるようになっています。

詳細はこちら
Canary Wharf

カナリー・ワーフ

star-5
4
オプションツアー28件

カナリー・ワーフは、ロンドン・ドックランズにあるウォーターフロントの再開発地域です。現在は、高層ビルが集中するロンドンの新たな金融街と発展し、ロンドン中心部に古くからある金融センター、「シティー」とともに、国内で最も重要なビジネスの中心地となっています。

ここは欧州最大級の高層ビル街であり、世界有数の企業が本拠地を置いています。その中でも、ピラミッド型の屋根が特徴な全長235メートルのワン・カナダ・スクウェアは有名です。尖塔が美しい超高層ビル、ザ・シャードが建設されるまでは、ワン・カナダ・スクウェアは最大の高さを誇りました。

カナリー・ワーフは、商業地域としての印象が強いですが、緑の多い広場や魅力的なウォーターフロントも広がっています。エレガントなテラス席のカフェ、レストラン、バーも立ち並び、ショッピングエリアもあります。カナリー・ワーフには、パブリックアートも設置されており、特に、彫刻家ピエール・ヴィヴァンによってデザインされた「信号機の木」や、ケンタウロス像は有名です。

詳細はこちら
Madame Tussauds London

マダムタッソー蝋人形館

star-4
66
オプションツアー34件

ロンドンに行ったらぜひ足を運んでおきたいのがマダムタッソー蝋人形館。世界の有名セレブと一緒に写真が撮れるチャンスです。今では世界中に分館があるマダムタッソー蝋人形館ですが、ここロンドンの蝋人形館が第一号館です。

タッソー夫人はフランス人の蝋人形作家で、フランス革命時には蝋でデスマスクを作っていました。ロンドンでの蝋人形展示の興行がかなりの好評を博した為(当時の有名セレブは英雄や悪党達でした)、1884年以来、ベーカー街に蝋人形館が常設されるようになりました。現在は、劇場や映画のスクリーン、音楽、スポーツ、政界等、様々な分野の近代の英雄達の蝋人形が展示されており、自由に歩き回って見学することが出来ます。より本物に近づける為、蝋人形が着用している衣類はしばしば有名人のオークションで入手されたものが使用されており、髪の毛や化粧も定期的にスタイリングされています。蝋人形一体作成するのにかかる費用は何と12万5千ドル!

詳細はこちら
Covent Garden

コヴェント・ガーデン

star-4.5
2890
オプションツアー93件

コヴェント・ガーデンは、ロンドンの中心地にあるショッピング・エリアです。有名なコヴェント・ガーデン・マーケットは、13世紀にウエストミンスター寺院所有の菜園があった場所で始まり、街の青果物市場として発展しました。

その後、この周辺は、1630年にベッドフォード公爵によって、イタリアの広場を真似て再開発され、オペラ・ハウスや劇場の中心地となりました。現在、ロイヤル・オペラ・ハウスが位置しており、単にコヴェント・ガーデンと称してこの歌劇場を指すこともあります。

コヴェント・ガーデン・マーケットは、市場の跡地が利用され、建物と吹き抜けエリアは、賑やかなショッピング・モールに改装されました。レストラン、カフェ、話題のお店や人気ブランドが軒を連ね、おしゃれなショッピングスポットとして有名です。広場では、ロストリートパフォーマーンスも見かけます。コヴェント・ガーデン周辺には、たくさんの劇場や、ロンドンで一番のオシャレなショップが立ち並ぶ路地があり、フローラル・ストリート、ロングエーカー、ショーツ・ガーデンズ、ニール・ストリート、マーサー・ストリートは、ロンドン随一のショッピングエリアです。セブンダイヤルズは、7つの道が延びる小さな広場であり、新しいお店が集まるスポットとして注目を集めています。

詳細はこちら
Greenwich

グリニッジ

star-4
100
オプションツアー62件

グレーター・ロンドン南東部にあるグリニッジは、テムズ川南岸に位置している由緒ある町です。グリニッジといえば、グリニッジ天文台がある都市としてよく知られています。この天文台をグリニッジ子午線が通っており、世界の時間の基準となる「グリニッジ標準時」の基となっています。

また水運と密接に結びついてきたグリニッジの歴史的建造物群は、「マリタイム・グリニッジ」の名でユネスコの世界遺産に登録されています。

17世紀の町が広がるグリニッジでは、王立天文台、クイーンズ・ハウス、国立海事博物館などの有名な建物が建っています。グリニッジのマスターピースと称えられる15世紀に建築されたグリニッジ宮殿は、かつてヘンリー八世の宮殿であり、エリザベス1世が誕生した場所でもあります。18世紀に修復され、現在は、旧王立海軍大学となっています。宮殿内のペインティド・ホールは、19年の歳月を経て建設され、その荘厳な天井画は必見の価値があります。

詳細はこちら
Changing of the Guard

衛兵交代式

star-4
259
オプションツアー80件
ロンドン観光で絶対に外せないイギリス名物といえば、バッキンガム宮殿前で行われる衛兵交代式。軍楽隊による演奏や騎馬隊も参加する華やかなパレードです。早めに到着して良い見学スポットを確保しましょう。この長く大切にされてきたイギリスの伝統は必見です!
詳細はこちら
Piccadilly Circus

ピカデリー・サーカス

star-4.5
3191
オプションツアー133件

ピカデリー・サーカスは、ロンドンの主要道路の合流点となっています。ショッピング天国であるリージェント・ストリート、「フォートナム&メイソン」、「ザ・リッツ」、「ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ」などが建つピカデリー、そして劇場街として有名なシャフツベリー・アベニューの接続地点となっています。

ピカデリー・サーカスの中心にある噴水の頂点には、通称「エロス」と呼ばれている有名なブロンズ像があります。これは、慈愛を表す天使が翼を広げた像であり、慈善家・政治家であったシャフツベリー伯爵の業績を記念して1893年に建立されました。

ピカデリー・サーカスの円形広場は、1820年ジョージ4世となったリージェント皇太子の邸宅であったカートン・ハウスと、リージェント・パークを繋ぐために建設されました。1885年にシャフツベリー・アベニューが建設された後、このエリアは交通要所として栄え、大型広告の場として有名になり、1895年にはロンドンで初のネオンサインが設置されました。その後、ピカデリー・サーカスは、ニューヨークのタイムズ・スクエアのロンドン版として有名になりましたが、現在は、一つの建物だけに電光掲示板が設置されています。ピカデリーの名は、昔このエリアにあった「ピカデリーホール」と名づけられた洋服店が「様々な種類の襟」を意味する"piccadill"を販売していたことに由来します

詳細はこちら
London Shard

ザ・ロンドン・シャード:ロンドンの観光スポット

star-4.5
53
オプションツアー38件

欧州一の高さを誇る超高層ビル「ザ・シャード」。この鉛直構造の建物の高さはなんと地上1,016フィート。12年もの歳月をかけて造られたこの建物を設計したのは、パリのポンピドゥー・センターで知られるイタリア人建築家レンゾ・ピアノ(Renzo Piano)。英語で「破片」を意味する「Shard」の名称通り、空を「ガラスの破片」で突き刺すような外観をしているだけでなく、光を反射して屈折させるような角度でガラスが取り付けられており、刻一刻と変化する空の様子が建物全体に映し出されます。

サウス・ワーク・タワー跡地に造られたこの72階建ての超近代的な高層ビルは、同時多発テロ以降に建造された数少ない高層ビルとして、安定性、耐久性、そして衝撃吸収性を念頭に設計されています。

詳細はこちら
Notting Hill

ノッティングヒル

star-5
1
オプションツアー25件

ノッティングヒルは、1999年に大ヒットしたヒュー・グラント、ジュリア・ロバーツ出演の『ノッティングヒルの恋人』のラブコメディで有名になった場所です。ノッティングヒルは、ロンドン西部に位置し、ラッドブローク・グローブ、ポートベロー・ロードに広がるノースケンジントン属するエリアです。高級住宅地として有名で、洗練されたブティック、レストランやビジュゥカフェ、そしてインディー・ロックのライブハウスなどが数多く存在します。

高級エリア街として有名なナイツブリッジとケンジントンの近くに位置しているノッティングヒルは、石畳の通りにビクトリア様式の美しいタウンハウスが立ち並びますが、少しボヘミアン的な雰囲気も漂います。毎年恒例、ヨーロッパ最大のノッティング・ヒル・カーニバルが開催される場所でもあります。カリブ色溢れるこのカーニバルは、レゲエ、サルサなどラテンの音楽に乗って、南国の華やかな衣装を身に着けた人々が踊り、とても賑やかな雰囲気が漂うフェスティバルです。

また、ノッティングヒルは、ポートベロー・マーケットの開催地としても有名です。これは世界最大級のアンティークマーケットで、骨董品、ヴィンテージ古着、アクセサレー、ハンドメイドの品々を売る店舗が軒を連ね、掘り出し物が見つかります。

詳細はこちら
Soho

Soho

star-5
23
オプションツアー78件

Soho is one of London's most famous areas. Bounded by Charing Cross Road, Oxford Street, Regent Street and Shaftesbury Avenue, it's a close-knit tangle of busy streets with some of London's best cafes (Bar Italia), music venues (Ronnie Scott's), pubs (the French House), shops, nightclubs and history. Once famed as a seedy red-light area, now it's a cultural hub, full of actors, artists, musicians, and the center of London's gay scene.

In summer, people flock to lovely Soho Square to loll on the lawn. In winter, stroll Carnaby Street and famous Liberty department store for fashion, or eat decadent cakes at Princi in Wardour Street. Sit outside Bar Italia and celebrity spot, especially before and after theater shows on the nearby Shaftesbury Avenue.

詳細はこちら
Abbey Road

アビイ・ロード

star-4.5
97
オプションツアー32件

アビイ・ロードの横断歩道は、1969年ビートルズのジャケット写真に使用されてから、伝説的な撮影スポットとなっています。横断歩道を渡るザ・ファブの姿を、ジョンの友人のカメラマンであったイアン・マクミランが撮影しました。その後、セント・ジョンズ・ウッドにあったビートルズのスタジオ、アビー・ロード・スタジオ(旧EMI スタジオ)は、ファンがたくさん訪れるようになり、世界的に有名になりました。

アビー・ロードの横断歩道は、現在も通常に使用されているにも関わらず、ジャケット写真と同じポーズで記念撮影をしようとする観光客が後を絶ちません。現在、このイギリスのポップを代表するアビイ・ロードは、ライブカメラで常時世界へ中継されています。このウェブカムは、かなり臨場感があり、世界中いたるところでアビイ・ロードを見ることができます。

詳細はこちら
Churchill War Rooms

チャーチル・ウォー・ルーム博物館

star-4.5
43
オプションツアー63件

チャーチル博物館は、大英帝国戦争博物館分館の一つで、第二次世界大戦中にイギリス政府が設けた秘密の地下複合施設です。この内閣戦時執務室は、ホワイトホール官庁街の地下に設けられ、1940年から1945年まで戦争遂行のための司令室となっていました。

空爆にも耐えられるような大規模な地下壕でもあり、チャーチルの隠れ家ともなっていました。戦後も秘密の施設となっていましたが、その後、大英帝国戦争博物館によって修復され、1984年に一般に公開されるようになりました。現在は、大戦当時のイギリス首相であったチャーチルの生涯に関する展示物、写真、ビデオインタビューなど公開されています。館内では、閣議室、作戦室、寝室などが見学できます。

詳細はこちら

icon_solid_phone
お電話でも予約できます
+81 6 4560 2975
+81 6 4560 2975