検索履歴
クリア

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、観光スポットが閉鎖または一部閉鎖となっている場合があります。 予約前に、政府が公開する渡航情報を確認してください。 WHOは新型コロナウイルス感染症の状況を注視しています。詳しい情報については こちらよりご覧ください。

さらに表示

フランスの観光スポット

カテゴリー

River Seine
star-4
207
オプションツアー220件

パリは、セーヌ川の河口から445kmの距離にあります。ル・アーヴルの内陸からパリへ、そしてパリを越えて、ゆったり流れるセーヌ川上を560km航行できます。パリは、この有利な条件から主要貿易ルートとなり、ローマ帝国の時代から繁栄した街となりました。

セーヌ川はたくさんの橋がかかり、最も古い橋は、1607年に作られたポンヌフ橋で、最も新しい橋は、1996年に完成したシャルル・ド・ゴール橋です。セーヌ川は、パリの中心で二筋に別れ、2つの島を作っており、その島は、最高級住宅地であるシテ島とサン=ルイ島です。パリの名所はセーヌ川沿いに佇み、ノートルダム大聖堂、ルーブル美術館、エッフェル等やオルセー美術館などが有名です。

さらに表示
Louvre
star-4.5
1630
オプションツアー549件

ルーブルは、世界屈指の美術館です。その大きさ、豪華さかつ煌びやかさは圧巻です。19世紀の人間の産物に興味があるなら、必見の価値があるでしょう。

旧要塞が、1793年に2,500点の絵画を所有する公共美術館となり、現在30,000点が展示されています。最も有名な作品は、書記座像、ラメセス2世の宝石、腕のないデュオーサモトラケのニケ、ミロのビーナスです。 ルネサンスでは、ミケランジェロの奴隷、ダ・ヴィンチのモナリザ、ラファエロ、ボッティチェリ、ティツィアーノの作品を見逃すことはできません。フランス19世紀傑作、アングルのグランド・オダリスク、ジェリコーのメデューズ号の筏、ダビデとドラクロワを含みます。 グラン・ルーヴル・プロジェの大改築が美術館に活気を与え、新しいギャラリーが一般公開されるようになりました。ピラミッドでの行列を避けるために、事前にチケットを購入して下さい。

さらに表示
Eiffel Tower
star-4
3726
オプションツアー579件
フランス革命100周年を記念して1889年に開催された万国博覧会のためにギュスターヴ・エッフェルにより建造されたエッフェル塔。高さは 1050フィート(320m)で、マンハッタンにクライスラービルが完成するまで世界一高い建造物でした。建設当初パリの芸術家や作家たちに反対 されていたエッフェル塔は1909年に解体されかけましたが、無線電波のアンテナを設置するのに理想的な建物だということで解体を免れ現在に至り ます。塔には3つの展望台があり、一般に公開されています。
さらに表示
Moulin Rouge
star-4
2465
オプションツアー123件
ジョゼフ・オラーとシャルル・ジドラーが1889年にオープンした世界一有名なキャバレー、ムーラン・ルージュ。創造性が花開き、人々が人生の喜びに満ち溢れていた時代でした。広大なダンスフロアに鏡、そして美しい踊り子達。完全な陶酔感に満ち溢れたこのキャバレーは大成功を収め、後には画家トゥールーズ=ロートレックが頻繁に通ったことでも有名になりました。現在、一晩の観客数は1000人以上とも言われています。
さらに表示
Notre Dame Cathedral
star-4.5
95
オプションツアー338件

もしパリに心臓部があるならば、この大聖堂まさにその場所です。ノートルダム大聖堂は、フランスゴシック建築の傑作であるばかりではなく、何世紀にも渡ってカトリック儀式の中心地でありました。巨大な内装、驚異的な中世の技術を持つこの建物は、6,000人を収容でき、華々しいバラ窓を持ちます。

ノートルダムは、崇高な建築とみなされていますが、何世紀に渡る美的介入の結果、様々の異常な形が見かけられます。3つの正面入口の形が違ったり、民衆が聖書に対して関心を持つよう促すため色が塗られていた像などです。修復されましたが、機能しない7,800台のパイプオルガンによって内装が埋め尽くされています。

さらに表示
Paris Catacombs (Catacombes de Paris)
star-4.5
749
オプションツアー25件

1785年、パリ市は過密状態になった墓地問題の解決策として、遺骨をお墓から掘り起こし、使われていない石灰岩の地下採石場に移すことにしました。これがカタコンベ、つまり遺骨で埋め尽くされた地下道の出来た所以です。地下65フィート(20m)にあるこの地下納骨堂には600万人以上のパリ住民の遺骨が納められています。第二次世界大戦中にはレジスタンスの司令部として利用されていました。

カタコンベの入り口はColonel Henri Roi-Tanguyアベニュー、現ダンフェール・ロシュロー広場の木々に紛れた場所にある、深緑色をしたベル・エポック調の小さな建物にあります。出口は83段階段を上ったところにあるRemy Dumoncel通りにあり、そこでは「遺骨を拝借していないかどうか」手荷物のチェックが行われます。

さらに表示
Montmartre
star-4.5
667
オプションツアー201件

モンマルトルはパリの丘陵地にあります。パリを見渡する高台に立ち、たくさんの階段上ると優秀の美を飾るサクレ・クール寺院があります。丘上にはもう一つイエズス会の創設場所であるサン・ピエール・ド・モンマルトルの古い教会があります。

ここは、ナイトライフや芸術家の場所としても有名で、ムランルージュの歓楽街、そしてロックミュージック演奏会場として有名なピガールがあります。ピカソ、ファン・ゴッホ、モネ、モディリアーニ、ルノワールとダリなどの画家達がこの地域で暮らしたり、芸術活動を行いました。エスパス・ダリ美術館は必見の価値があります。

さらに表示
Orsay Museum (Musée d'Orsay)
オプションツアー203件

この美術館は、印象派、ポスト印象派、アー ル・ヌーボーの傑作、1848年ら1914年に制作されたフランスの絵画、彫刻、オブジェのコレクションが展示されています。

ルーブル、ポンピドゥー・センター国立近代美術館の年代的ギャップを埋める美術館です。セーヌ川沿いに1900年に建てられた厳格な旧駅舎で、1986年に再び修復され現在の形となりました。上階にはきらめく大サロンがあり、セーヌ川を見渡すエレガントなティールームやレストランがあります。

さらに表示
Arc de Triomphe
star-3
10
オプションツアー274件

凱旋門は、シャンゼリゼ通りのシャルル・ド・ゴール広場に荘厳に立つアーチ門で、フランスのランドマークとなっています。凱旋門は、12本の通りが放射線状に延びているパリの中心である広場の中央に構える記念碑で、ナポレオン戦争などでフランスのために戦った人を称えるための記念碑です。アーチの内側と上部には、フランスが参戦した数々の戦の詳細とそれらを戦った将官の名前が刻まれています。また、第一次大戦で命を失った無名戦士の墓でもあります。

長さ50m、幅45m、奥行き22mの大きな門です。その大きさは第一次世界大戦の終了後に、あるパイロットが飛行機(複葉機)でくぐり抜けたというエピソードがあるほど大きいものです。

さらに表示
Palais Garnier
star-4.5
467
オプションツアー179件

パリを思い浮かべると最初に頭に浮かぶ建築物ではありませんが、パリ人にとっては、ガルニエ宮(オペラ座)は、光の街パリの中で最も愛された芸術のシンボルです。1875年に建築家シャルル・ガルニエによって完成されました。パリ国立オペラやバレエの公演会場で、また、小説、映画、ミュージカルオペラ座の怪人の舞台でもあります。

大階段に上るとシャガールに描かれた美しい天井が見学できます。この天井から釣り下がるシャンデリアは、オペラ座の怪人で有名になったものです。オペラ座の見学を通して、パリの興味深い歴史を学んでみてください。

さらに表示

フランスの他の観光スポット

Place de la Concorde

コンコルド広場

star-3.5
24
オプションツアー248件

The Place de la Concorde is between the Tuileries Gardens and the Champs Elysées on Paris's famous axis. It was laid out between 1755 and 1775. The 3,300-year-old pink granite obelisk with the gilded top in the square's centre was given to France in 1831 by Muhammad Ali, viceroy and pasha of Egypt. Towering 75 ft (23m) over the cobblestones, it once stood in the Temple of Ramses at Thebes (modern-day Luxor).

The 8 female statues adorning the 4 corners of the square represent France's largest cities. In 1793, after the French Revolution, Louis XVI's head was lopped off by a guillotine set up near the statue representing the city of Brest. During the next two years, another guillotine was used to behead 1343 more people, including Marie-Antoinette and the Revolutionary leader Danton. The square was given its present name after the Reign of Terror ended in the hope that it would be a place of peace and harmony.

詳細はこちら
Avenue des Champs-Élysées

Avenue des Champs-Élysées

star-4
84
オプションツアー216件

The Avenue des Champs-Elysées (the name refers to the 'Elysian Fields' where happy souls dwelt after death according to Greek myth) links place de la Concorde with the Arc de Triomphe. The avenue has symbolized the style and joie de vivre of Paris since the mid-19th century and remains a popular tourist destination.

Basically a shopping strip, Avenue des Champs-Elysées is rue du Faubourg St-Honoré (8e), the western extension of rue St-Honoré. It has renowned couture houses, jewellers, antique shops and the 18th-century Palais de l'Elysée (corner rue du Faubourg St-Honoré & av de Marigny), which is the official residence of the French President.

At the bottom of Avenue des Champs-Elysées is an 11.8 ft (3.6m) tall bronze statue depicting General Charles de Gaulle in full military gear ready to march down the broad avenue to the Arc de Triomphe in a liberated Paris on 26 August 1944.

詳細はこちら
Basilique du Sacré-Coeur

サクレ・クール寺院

star-4.5
85
オプションツアー178件

サクレ・クール寺院は、モンマルトルの丘に佇む真っ白な外観のドーム型の建物が印象的な寺院です。1870年から71年の普仏戦争によって命を落としたフランス市民を讃える目的で建築の構想が始まりました。

1873年に建設が始まりましたが、第一次大戦のために奉献が延期され、戦争の終わった後、1919年にようやく市民に開放されることになりました。この美しいドームは、パリのスカイラインに美しくそびえ建っています。

寺院の前からでもパリの景色を望むことができますが、さらにドーム内の狭いらせん状の階段を234段昇ると、パリ市内のパノラマの絶景が目前に広がる円天井に出ます。パリで一番に美しい景色として有名で、その美しさは目を見張るものがあります。寺院の前では、観光客や恋人達が休んでいたり、ストリートパフォーマンスが行なわれていたり、とても賑やかな雰囲気です。

詳細はこちら
French National Library (Bibliotheque Nationale de France)

French National Library (Bibliotheque Nationale de France)

オプションツアー5件

The French National Library (Bibliotheque Nationale de France) is a major research and conservation library that dates back to the Middle Ages. The library’s collections contain 14 million books and printed documents, and nearly 150,000 documents are added to the collections every year. The library is comprised of four main buildings: Site François-Mitterrand, the center for digital projects and collections; Site Richelieu-Louvois, which houses the departments of manuscripts, prints, cartography, music, theater, coins and medals; Site de L’Arsenal, containing the library of the French arsenal (more than a million books are in this building alone); and the Bibliothèque – Musée de l’Opéra, with collections related to the National Opera of Paris and the Comic Opera Theater.

詳細はこちら
Galeries Lafayette

ギャラリー・ラファイエット

オプションツアー36件

ギャラリー・ラファイエットは、パリを代表する豪華な老舗デパートで、パリショッピングの必須スポットとなっています。高級ブランドが勢揃いしており、デザイナーファッション、靴、革製品、ファッション雑貨、ジュエリー、香水などバリエーションに富んだ品揃えは百貨店ならではです。

ギャラリー・ラファイエットは、1900年代のパリが繁栄した時代、「ベル・エポック」を代表する建物です。歴史的建造物に指定されているステンドグラスのクーポール(円形天井)、そしてアールヌーボーの階段は、ギャラリー・ラファイエットのシンボルとなっています。世界で一番豪華な百貨店として有名で、観光スポットとしても見ごたえがあります。

もし、本場のフレンチスタイルを体験したければ、毎週金曜日の午後に開催されている無料ファッションショー(要予約)がお勧めです。

詳細はこちら
Conciergerie

Conciergerie

star-5
1
オプションツアー102件

With its castle-like turrets and dramatic riverfront location, La Conciergerie is an imposing sight, stretching along the west side of the Île de la Cité. Once part of the Palais de la Cité, along with the neighboring Palais de Justice and Sainte Chapelle, the former medieval palace is best known for its role in the French Revolution and the Reign of Terror, when it served as a prison.

An estimated 3,000 prisoners were held at the Conciergerie prior to being taken to the guillotine during the Reign of Terror, among them Charlotte Corday, Madame Élisabeth, poet André Chénier and Marie Antoinette, and it continued to serve as a prison until it was decommissioned in 1914. Today, La Conciergerie is preserved as a National Monument and visitors can discover its dark legacy on a tour of the grounds.

詳細はこちら
Crazy Horse Cabaret

クレイジーホース

star-4.5
79
オプションツアー7件

世界で有名なパリのキャバレーは、1800年代後期に始まり、クレイジーホースは、それに遅れ1951年にデビューを果たしました。それ以来、パリの伝統的なナイトライフに貢献してきた有名なショーです。

伝説的なキャバレーの幕が開くと、過激的ですが洗練されたナイトショーの始まりです。ショーの重要な役割である巧みな照明技術の下、美しく輝やく女性ダンサーは、エレガントにステージを横切り官能的なパフォーマンスを見せます。

2005年キャバレーは、ディタ・フォン・ティース、パメラ・デニス・アンダーソンを含む世界トップダンサーがステージに上がった時をきっかけに、新しく模様替えされました。少し過激的ですが高級感もあるこのユニークなショー、クレイジーホースは、パリの有名なナイトイベントとして有名です。

詳細はこちら
Palais Bourbon

Palais Bourbon

star-4
1
オプションツアー38件

Built in 1722 as a private mansion for the duchesse de Bourbon, a legitimized daughter of Louis XIV, the Palais Bourbon has served as the meeting place for the Assemblée Nationale (the lower house of the French parliament) since 1798 when it was called the Council of Five Hundred.

Today, the government building is easily recognizable by the colonnaded facade commissioned by Napoleon to resemble the portico of the Madeleine across the Seine. On display within the Palais Bourbon are cupolas painted by the French Romantic artist Eugene Delacroix, as well as several works by contemporary artists.

By reservation only, visitors can observe a live session of the National Assembly or participate in guided tours focused on the building’s art, architecture and the workings of the French parliament.

詳細はこちら
Chateau de Cremat

シャトー・デ・クレマット

star-5
3
オプションツアー8件

As far as historic French castles go, the Château de Crémat is a mere infant, built in the beginning of the 20th century. But it was designed to appear like it was there long before the city of Nice that spreads below it, with a mixture of architectural styles and a creamy exterior that reflects the stunning Riviera light.

Those wondering if it’s worth a visit should look no further than their taste buds. The Château de Crémat was built specifically for its surrounding land, which is taken up entirely by picturesque vineyards that yield some quality wines. Guided tours of the castle are free, and wine tastings are available for a tasting fee.

詳細はこちら
Grand Canal

Grand Canal

star-5
1
オプションツアー28件

As you exit onto the back terrace of the Palace of Versailles, the breathtaking view of the royal gardens is dominated by the Grand Canal, which leads your eye to the farthest perimeter of the grounds. But although it is a spectacular feature of the park, it was designed and is used today as a practical feature of the gardens.

Constructed over the course of a decade in the late 17th century under the reign of Louis the XIV, its original name – Little Venice – came from the canal's inaugural gifts from the Doge of Venice: a full set of gondolas, complete with Venetian gondoliers. Also moored there were various ships and yachts built to the scale of the canal and used in elaborate water shows and recreations of famous battles. But the canal is also the main feature of the irrigation systems for the gardens, used to drain off water from the higher elevations and pumped back uphill to re-water them – a genius move for its time.

詳細はこちら
Sainte Chapelle

Sainte Chapelle

オプションツアー54件
The most exquisite of Paris' Gothic gems with a delicate soaring spire, Sainte Chapelle is tucked away within the walls of the Palais de Justice. The chapel consists of two areas: the simple lower chapel, once used by the servants, and the magnificent upper chapel which is illuminated by a veritable curtain of luminous 13th-century stained glass (the oldest and finest in Paris). The huge windows depict the Book of Genesis and other Old Testament stories, the Passion of Christ, history of the relics, and the Book of Revelation. Consecrated in 1248, Sainte Chapelle was built to house what was believed to be Jesus' Crown of Thorns and other relics purchased by King Louis IX from the bankrupt empire of Byzantium. The chapel's exterior can be viewed from across the street, from the law courts' magnificently gilded 18th-century gate, which faces Rue de Lutèce. Regular evening concerts are held here.
詳細はこちら
Grand Trianon

Grand Trianon

star-5
1508
オプションツアー36件

The pink-colonnaded Grand Trianon was built in 1687 by the famous architect Mansart, as a tranquil getaway from court life for Louis XIV.

Setting the benchmark for Italianate garden conservatory design, the elegantly long and low palace of pink marble and porphyry features geometrically ordered rows of columns and windows, topped by a balustrade roof.

The original furnishings were plundered during the Revolution. Today, the palace is furnished in Empire style, reflecting the decoration installed by Napoleon, who was particularly enamored of the building. Surrounding the palace is a lovely flower garden.

While the Grand Trianon is open to the public, it is also an official residence of the French President.

詳細はこちら
Les Invalides

Les Invalides

star-4
27
オプションツアー57件

Les Invalides began as the army hospital, initiated by Louis XIV in 1670 and finished six years later. These days, it is a complex of buildings including a collection of museums, a hospital and retirement home for war veterans, and a chapel which is a burial place of war heroes including Napoleon Bonaparte. The museums include Contemporary History, Maps, as well as Military History.

As is the way with French Kings and their projects, a simple idea to build a place for war veterans to retire grew into a massive and grand statement with fifteen courtyards, a chapel - the Eglise Saint-Louis des Invalides, and then a royal chapel - Eglise du Dome. Based on St Peter's Basilica in Rome, this latter became the prime example of French Baroque architecture.

詳細はこちら
Clos Montmartre

クロ・モンマルトル

star-4.5
4
オプションツアー24件

サクレクールでおなじみのモンマルトルの丘には、クロ・モンマルトル呼ばれる起伏に富んだ緑豊かな土地が広がっています。ここはパリで最古の、そしてモンマルトルに唯一残るブドウ畑として有名です。また、お天気の良い日には、この小高い丘からエッフェル塔まで見渡せます。

クロ・モンマルトルで毎年10月に開催されるブドウ収穫祭は有名です。畑の名前をとってクロ・モンマルトルと呼ばれる希少なパリ産ワインが生産されます。ピノ・ノワールやガメイの赤ワインが毎年1,500本ほど製造されています。

詳細はこちら

icon_solid_phone
お電話でも予約できます
+81 6 4560 2975
+81 6 4560 2975