検索履歴
クリア

全州の観光スポット

カテゴリー

タプサ寺院

マイサン山に住む引退した学者で隠者のイ・ガピョンは、石をきちんと積み上げて約120の塔を作りました。地元の伝承によると、李加平は1800年代後半の30年間に自分で建造物を建て、昼は石を集め、夜は塔を積み上げました。

これらの建造物のうち80だけが残っており、それぞれが独自のサイズと形状を持っています。これらがタプサ寺院を有名にしている理由です。モルタルを使用せずに建てられたこれらの天然石の塔は、1世紀以上にわたって建てられました。最大の塔の高さは印象的な30フィート(9メートル)です。

寺院とその塔のコレクションは、馬耳山道立公園内の馬耳山の崖の下にあり、韓国の他のどの寺院ともまったく異なる奇妙な寺院の風景を作り出しています。

さらに表示
ソスワエウォンガーデン

韓国のソスワエウォン庭園は、ヤン・サンボーによって建設された1500年代にまでさかのぼります。石と泥の壁が庭を囲み、3つの刻まれた石と木製のパネルが組み込まれています。入り口のボードには、庭を称賛するキム・インフの詩が飾られています。

庭園自体は景勝地であり、自然の働きと人工的な特徴がうまく調和しています。風景の中には、池、2つのパビリオン、そして竹林があります。他の場所では、さまざまな種類の木が小川の両側に並んでおり、半透明の水が庭の壁のふもとを流れています。

さらに表示
テコンドーパーク

2014年4月に韓国茂朱にテコンドーパークがオープンしました。世界中からテコンドーの実践者が競い合い、トレーニングを行い、この人気の武道について学ぶことができるユニークな場所です。また、よりカジュアルな訪問者を対象としたさまざまな活動やイベントで、スポーツの歴史、文化、精神を祝います。

公園の広大な敷地には、T1アリーナ(5,000人の観客を収容するメインスタジアム)、テコンドー博物館、彫刻庭園、モノレールでのみアクセスできる展望台があります。

公園の訪問者がテコンドーにもっと関与するように促すように設計されたエクスペリエンスセンターもあります。センターでは、訪問者は、動き検出技術を使用した仮想スパーリングに参加するなど、いくつかの基本的なトレーニングとテクニックを自分で試すことができます。

さらに表示

icon_solid_phone
お電話でも予約できます
+81 3 4233 9222
+81 3 4233 9222