検索履歴
クリア

京都の観光スポット

カテゴリー

伏見稲荷神社(伏見稲荷大社)
star-5
1680
オプションツアー22件

京都で最も神聖な寺院の1つであり、日本で最も古い神社の1つである伏見稲荷神社(伏見稲荷大社)は、稲荷の神である稲荷を祀っています。稲荷山の麓には神社の5つの壮大な寺院があり、何千もの赤い鳥居(千本鳥居)が森の小道を登っています。

さらに表示
金閣寺(ゴールデンパビリオン)
star-5
2778
オプションツアー20件

金閣寺は、下の湖に映るきらめく金の層と、森とねじれた松を背景に、魅惑的な光景です。 14世紀にまでさかのぼるユネスコ世界遺産は、京都で最も人気のあるアトラクションの1つであり、日本で最も訪問された寺院の1つです。

さらに表示
清水寺
star-5
1070
オプションツアー22件

清水寺は、日本で最も古く、最も目を引く仏教寺院の1つです。その古典的な赤い塔は、何世紀にもわたって日本の建築に影響を与えてきました。丘の上にある清水寺は、京都を一望できる清水寺も一見の価値があります。

さらに表示
ギオンコーナー
star-5
2826
オプションツアー35件

祇園コーナーは、7つの日本の伝統芸能が一堂に会するため、京都滞在中にアート愛好家が訪れるのに便利な場所です。毎晩行われる公演に参加することは、日本の伝統文化を学びながら、祇園の歓楽街の中心で夜を過ごすのに理想的な方法です。

さらに表示
錦市場
star-5
513
オプションツアー13件

新鮮な魚やシーフードからおいしいスイーツや寿司のテイクアウトまで、100以上のショップ、屋台、ベンダーが並ぶ錦フードマーケットは、料理の不思議の国です。京都で最大かつ最も人気のある食品市場は、地元の機関であり、食通を旅行するための人気のあるアトラクションです。

さらに表示
嵯峨野
star-5
617
オプションツアー15件

京都の嵐山地区と間違われることが多い嵯峨野は、京都の東月峡橋の北に広がっています。静かなエリアには、京都で最も素晴らしい風景がいくつかあります。田舎の住宅街、地平線に点在する山々、色とりどりの野原、有名な竹林がある嵯峨野は、日本で最も美しい(そしてあまり知られていない)スポットの1つかもしれません。

嵯峨野は竹林で最もよく知られています。森の中を散歩道が曲がりくねっており、両側に薄くて背の高い竹が並んでいます。太陽光は狭い幹を通り抜け、道に沿って影を落とします。木立を越えて、嵯峨野を体験する最良の方法の1つは自転車です。竹林に加えて、探検する寺院がたくさんあり、川やよく旅行された橋もあります。京都郊外ののどかな隅々をお見逃しなく。

さらに表示
嵐山公園
star-5
383
オプションツアー16件

一言で言えば、古典的な京都については、嵐山公園に向かいます。絶え間なく人気のあるエリアは、11月には寺院がたくさんあり、紅葉の暴動があり、4月にはピンクの桜が咲きます。

公園エリアには、1339年に設立された天龍寺を含むいくつかの主要な観光スポットがあります。天龍寺は、静かな禅庭園と竹林に囲まれたユネスコの世界遺産です。臨済宗の禅仏教の本堂です。

嵐山には、祇王寺、常寂光寺、大覚寺など、他にもたくさんの寺院があります。もう一つのハイライトは、嵐山の景色を眺めながら、ムーンクロッシングブリッジを渡って歩くことです。

さらに表示
二条城
star-5
1358
オプションツアー13件

1603年に建てられた要塞団地であるユネスコ世界遺産の二条城は、徳川幕府初の徳川家康の官邸でした。美しい庭園を散歩したり、二の丸宮殿を訪れて日本の素晴らしい作品をご覧ください。必見のアトラクションが満載の京都で最も人気のあるアトラクションのひとつです。

さらに表示
天龍寺
star-5
354
オプションツアー7件

京都の嵐山エリアにある天龍寺は、京都の五大寺院の1つです。 14世紀に建てられたユネスコの世界遺産に登録されているこの広大な禅寺に立ち寄って、伝統的な日本庭園を体験してください。

さらに表示
京都御所(京都御所)
star-5
2092
オプションツアー13件

日本の王室は、首都が東京に移転した1868年まで、京都御所(京都御所)に住んでいました。他の宮殿や神社もある京都御所内にあります。この必見のアトラクションは、美しい庭園を楽しみながら、日本の豊かな歴史と文化をより深く理解することを可能にします。

さらに表示

京都の他の観光スポット

三十三間堂堂

三十三間堂堂

star-5
979
オプションツアー2件

1164年に建てられた三十三間堂は、巨大な座観音菩薩のメインイメージに隣接する、慈悲の女神である観音の1001体の像があり、範囲、サイズ、詳細が印象的です。 12世紀と13世紀に彫られた彫像は、それぞれ2列の深さの50列に配置されています。観音は人間の苦しみを目撃し、守ると言われています。彼らの使命を支援するために、観音は11の頭と1,000の腕を備えています。

「三十三間堂」とは、柱の間に33のスペースがあるホールを意味し、伝統的な測定システムを表しています。木造の寺院の建物は、118メートル(387フィート)の長さで、世界で最も長い建物です。元々は元皇帝囲碁のために建てられました。 -白川、今日でも宗教的な目的地であり、人気のある観光地であり、国内で最も美しい日本の仏教の彫刻と建築のいくつかを表しています。

詳細はこちら
先斗町路地

先斗町路地

star-5
887
オプションツアー5件

京都で過ごす食通は、鴨川のすぐ西にある狭い石畳の路地に並ぶレストランや高級茶屋が立ち並ぶ、とても雰囲気のあるダイニングエリアである先斗町路地に少なくとも1晩は捧げたいと思うでしょう。

川沿いの野外での食事や、見習いや芸者の達人が予定を急いでいるところを見つける機会を求めて、日本や世界中からの訪問者がここにやって来ます。ほとんどの茶屋はつながりがないと訪れるのが難しいですが、夜には安価な焼き鳥からモダンな京都料理まで、さまざまなレストランがあります。

詳細はこちら
慈照寺(シルバーパビリオン)

慈照寺(シルバーパビリオン)

star-5
193
オプションツアー5件

京都東山のシルバーパビリオン寺院には銀が一切ありません。伝説によると、将軍(または軍の支配者)の足利義政が1482年に金閣寺のある敷地に引退した別荘を建てたとき、彼はパビリオン全体を銀で覆われた黄金のパビリオン(金閣寺)を模倣したいと壮大に述べました彼の祖父によって。 1490年に吉正が亡くなった後、別荘は仏教寺院に改築され、その輝かしいニックネームは今日も続いています。

シルバーパビリオンを巡る円形のルートは、「シルバーサンドの海」と呼ばれる乾燥した砂の庭から始まります。ここでは、山の円錐形の表現があります。富士は「月の展望台」と呼ばれています。敷地は、島々や短い橋、小川、さまざまな葉のある池が特徴の苔庭に面しています。道は丘を蛇行し、寺院の敷地全体とその向こうの街の視点に通じています。道はシルバーパビリオン自体を間近に見ながら一周します。京都の有名な寺院のいくつかとは異なり、シルバーパビリオンの建物はどれも内部から見ることができません。

詳細はこちら
三年坂&二寧坂

三年坂&二寧坂

star-5
278
オプションツアー3件

より伝統的な京都を垣間見ることを望んでいる旅行者は、三年坂と二寧坂の帝国時代のショッピング地区に最初に足を踏み入れたとき、彼らが時間を遡ったように感じるでしょう。市内で最も魅力的な通りの1つと見なされている、この緩やかに傾斜した歩行者専用道路には、伝統的な木造家屋を占める伝統的なショップ、レストラン、茶屋が並んでいます。

買い物客は箸、ファン、手作りの工芸品を見つけ、食通はもちボール、抹茶アイスクリーム、抹茶ケーキを試食できます。買い物に来るときも、食べるときも、単に雰囲気を味わうときも、つまずかないように注意してください。地元の伝説によると、どちらかの通りを滑ると、それぞれ2年または3年で不運(または死さえ)につながります。

詳細はこちら
姫路城(姫路城)

姫路城(姫路城)

star-4
6
1件のオプションツアー

京都や大阪からの日帰り旅行の時間があれば、日本で最も美しい歴史的な城塞として有名な姫路城(姫路城)にしましょう。ホワイトヘロン城としても知られるユネスコ世界遺産に登録されている丘の頂上構造は、1580年に建てられ、周囲に堀、壁、塔がある5階建ての中央塔が特徴です。

詳細はこちら
八坂神社(祇園神社)

八坂神社(祇園神社)

star-5
327
オプションツアー17件

日本で最も有名な祭り、祇園祭の開催地である八坂神社は、京都の中心部にあります。八坂神社は7世紀にさかのぼり、祇園地区に近いことから祇園神社として知られ、そこに住み、働く芸者で有名です。神社はいくつかの建物で構成されています。メインホールには、内部の聖域とセカンダリホールがあります。神社の最も顕著な特徴の1つは、何百もの提灯が並ぶ正面の大きなステージです。神社を訪れる最も人気のある時間の1つは、灯籠がステージを照らす夕方または夜です。

毎年恒例の祇園祭は、1100年以上前に八坂神社で始まりました。現代では、それは毎年7月に行われます。もともと、祭りは病気の街を一掃しようとしていました。今日、お祭りは工芸品を祝います。複雑な布地、織物、彫刻が、男性が町を運ぶ山車を飾ります。音楽、衣装、屋台の食べ物がお祭りの雰囲気に貢献しています。八坂神社は、正月や桜の季節にも人気の場所です。

詳細はこちら
龍安寺&ガーデン

龍安寺&ガーデン

star-5
172
オプションツアー4件

訪問者が日本で最も有名なロックガーデンをどこから見ても、少なくとも1つの岩が常に見えないようになっています。それが、禅の石庭を伴う龍安寺が毎日何百人もの観光客を魅了している理由のひとつです。もともとは貴族の住居でしたが、1450年に仏教寺院に改築されました。寺院には、引き戸、改装された禅キッチン、畳の床に伝統的な日本画が描かれています。

寺院の主な魅力は常にロックガーデンであり、その瞑想的な性質と、そのミニマルな属性に意味を見出したいという願望があります。庭は小石の長方形の区画で、苔の帯に15個の大きな石が恣意的に散らばっています。庭は無限大を表すと言う人もいます。他の人はそれを果てしない海で見ます。龍安寺は、いくつかの遊歩道がある美しい池を横切る樹木が茂った小道に囲まれています。甘美な雰囲気はお寺そのものと同じくらい魅力的です。

詳細はこちら
渡月橋

渡月橋

star-5
290
オプションツアー9件

かつて貴族の目的地だった京都の嵐山地区は、小さな町の魅力と美しい山腹の景色が自慢です。今日、人気のある地区は観光客や自然愛好家を魅了しています。風光明媚な地区の象徴的なランドマークである渡月橋は、桂川に架かっており、緑豊かな山腹の紅葉、穏やかな川のうねり、海岸線を航行する地元の漁師のパノラマの景色を眺めることができます。橋の歴史は400年前にさかのぼり、多くの歴史映画で取り上げられてきました。

渡月橋を渡るのは嵐山への訪問のハイライトです。手すりに鯉を餌付けすることから、春と秋の紅葉で桜の素晴らしさを楽しむことまで、橋はシンプルで驚くほど美しい生き方への玄関口です。橋を見るもう一つの人気のある方法は、川に沿ってボートに乗ることです。

詳細はこちら
宗務本院

宗務本院

star-5
532
オプションツアー4件

とファック寺に落ちるほど息を呑むほど美しい場所は、地球上でほとんどありません。涼しい秋の時期には、旅行者や地元の人々が、素晴らしい色と鮮やかな日本のカエデで知られる京都南東部のこの禅寺に旅をします。燃えるような赤とショッキングなオレンジ色の紅葉に満ちた色とりどりの渓谷に架かる通天峡橋の頂上に登ります。

他の時期に慧日山に行く訪問者は、今でも美しい寺院の敷地をさまよい、かつて住職が住んでいた北条のような場所を探索することができます。手入れの行き届いた石庭は静かな思索に最適な場所であり、醍醐堂の近くの石の小道には、この寺院で有名な日本のカエデとほぼ同じくらい美しい鮮やかな色の花と新鮮な緑が並んでいます。

詳細はこちら
哲学の道(哲学の道)

哲学の道(哲学の道)

star-5
382
オプションツアー3件

日本の著名な哲学者の一人は、京都大学への通勤中に運河沿いの石の道を歩いていたときに、毎日瞑想したと言われています。何百本もの桜の木陰に覆われた風光明媚な小道は、すぐに哲学の道(または哲学の道)として知られるようになり、今日では何百人もの人々が平和、洞察、そして明確な心を求めて2kmのトレイルを毎日横断しています。桜の木から小さなお寺や神社がのぞき、宗教的遵守を求めて思想家や歩行者を招きます。

銀閣寺の銀閣寺の近くから始まり、南禅寺の京都近郊まで続く道です。トレイルの終わり近くに、大きな水道橋が訪問者を迎えます。これは立ち止まって写真を撮るのに人気のスポットです。レストランやカフェがトレイルに点在しています。春になると、哲学の道は京都で最も活気に満ちた桜を楽しむのに最適な場所の1つです。

詳細はこちら
中山道

中山道

star-5
9

地元の人とお茶を飲みましょう。自然の中で時間を過ごします。村の間を歩きます。これらは、妻籠と馬籠の村を結ぶ木曽谷を通る歴史的な散歩道である中山道のハイライトです。封建時代には、中山道は京都と東京を結びました。侍と封建領主がこの道を頻繁に訪れました。道に沿って69の村があり、そこで旅行者は立ち止まって休むことができました。今日、妻籠と馬籠の間の中山道を歩くことは、訪問者にその歴史のほんの一部を体験する機会を提供します。

5マイル(8 km)の中山道は、樹木が茂った森の中を曲がりくねっています。トレイルは、男性と女性の2つの主要な滝である小滝園メダキの滝を横切っています。道に沿っていくつかの昔ながらの木造の建物があり、その多くは地元の手工芸品を販売する店に改装されています。多くの人が途中の喫茶店に立ち寄り、ゲストブックで通りかかった人を追跡します。

詳細はこちら
桂離宮(桂離宮)

桂離宮(桂離宮)

star-5
17
オプションツアー4件

日本で最も重要な大規模な文化財の1つである桂離宮(桂離宮)は、江戸時代の伝統的な建築と庭園のデザインを保持しています。畳は、内部の床に並んでおり、スクリーンの壁は、古代の応接室と茶室を隔てています。敷地内の円形の遊歩道は、他の多くの日本庭園が設計されている禅庭園の中央にある池に通じています。

1645年に完成した別荘には、日本の皇室の一員である桂家が住んでいました。現代の皇族は東京に住んでいますが、この邸宅では、17世紀と18世紀の王子の荘厳な生活を垣間見ることができます。現在、宮内庁が別荘を管理しています。

詳細はこちら
鴨川(鴨川)

鴨川(鴨川)

star-5
460
オプションツアー4件

夜に鴨川(鴨川)を散歩するのは、京都の代表的な体験です。京都で4番目に長い川は、市の北東部から南西にかけて桂川に流れています。川の最も人気のあるセクションは、祇園の有名な芸者地区を流れています。暖かい季節には、川はピクニック、散歩、そして人々が見る人々に人気のスポットになります。

川の端に沿った散歩道は、午後や夜を楽しむのに最適な広大な緑地に道を譲ります。川の上にあるレストランは夜にライトアップされ、下の川を照らします。鴨川に架かる橋は5つあります。より冒険的な旅行者はそれらのそれぞれを見つけることを楽しむかもしれません。パリのセーヌ川やイタリアのテヴェレ川と並んで、鴨川は地元の人々に人気のスポットです。

詳細はこちら
大徳寺

大徳寺

star-5
249
オプションツアー6件

壁に囲まれた大きな寺院群である京都北部の大徳寺を訪れると、古代のサブ寺院と多くの伝統的な禅庭園が見られます。大徳寺の本堂は敷地の東側にあります。この建造物は1319年に建てられましたが、次の世紀に火事で破壊され、16世紀に再建されました。また、複合施設の東側には、仏殿、服部ホール、北条邸、そしてお茶の達人、千利休の像が飾られた有名な三門があります。

複合施設内には多くのサブテンプルがありますが、龍源院、瑞鳳院、大仙院、箏院など、定期的に公開されているサブテンプルはごくわずかです。日本庭園に特に興味のある方は、16世紀初頭に建てられた寺院の建物を囲む美しい大仙院の石庭をお見逃しなく。他の場所では、箏院は1601年に設立され、特に秋に見事なカエデの木の天蓋で有名な、シンプルさの傑作と見なされている庭園が特徴です。

大阪や東京からの日帰り旅行など、京都の古刹や伝統庭園を体験する方法はたくさんあります。日本の歴史と文化のこの側面を探索する最良の方法の1つは、金閣寺や北野天満宮など、この地域の他の宗教的な神社や寺院を見つけることができる京都の自転車ツアーです。

詳細はこちら

icon_solid_phone
お電話でも予約できます
+81 3 4233 9222
+81 3 4233 9222