キャンセル無料:24時間前までにキャンセルされた場合、全額が返金されます。 詳細はこちら

American Memorial Cemetery

1 件のレビュー
American Memorial Cemetery
Set amid the bustle of downtown Manila, the Manila American Cemetery is an oasis of peace and remembrance. The cemetery is home to the remains of 17,184 soldiers who died during World War II, with serried ranks of brilliant white crosses across manicured lawns and galleries that explain key battles.

The Basics
There is no charge to visit the Manila American Cemetery, which is open seven days a week from morning until late afternoon. The burial ground is a stop on some tours of both Manila and Makati, the financial district, though opening hours mean it has to be visited on a separate day from Corregidor Island. If you’re considering a history tour of Manila or planning an agenda with a private guide, this war graveyard makes a worthwhile stop.

Things to Know Before You Go
  • The Manila American Cemetery is an essential stop for history lovers, veterans, and Americans with family members who served in World War II.
  • The Manila American Cemetery is a graveyard. The dress code forbids exercise clothing, and visitors are expected to behave respectfully.
  • Be sure to bring photo ID to show at the gate.
  • The behavioral constraints of visiting a cemetery mean the Manila American Cemetery may not be appropriate for young children. Older children will learn a lot from the informative displays.

How to Get There
Over 7 miles (12 kilometers) from Intramuros, the walled historical area in Manila city center, the Manila American Cemetery is time-consuming to reach by public transport, so many opt for the convenience of a door-to-door tour. Alternatively, catch the metro to Ayala (MRT Line 3), then a bus toward the BGC stop. You’ll walk 10 to 20 minutes, depending which bus you catch.

When to Get There
The Manila American Cemetery is open year-round, and officials and members of the military lay wreaths at the cemetery each Memorial Day (the last Monday in May). Significant anniversaries include the Fall of Corregidor, on May 6, 1942.

Americans in the Philippines
The Philippines and the United States have had a complex relationship since the Philippines gained its independence from the US in 1946, but American and Filipino soldiers fought side by side during the Second World War. A new visitor center at the Manila American Cemetery, open in 2019, explores the American role in the archipelago during WWII.
住所: フィリピン
さらに表示

ツアー&アクティビティ (3)

カテゴリー
日付を選択
絞込み




絞込み条件を解除
絞込み条件を解除
並べ替え:特集

マニラの今と昔:イントラムロスとサンチャゴ要塞を見学

観光バスで行く4時間のマニラ観光ツアー。専門ガイドが同行します。ニールソン・タワー、アメリカン・セメタリー&メモリアル、壁の街イントラムロスなど、マカティとオールド・マニラを見学。イントラムロスから歩いてユネスコ世界遺産へ。サン・アグスティン教会、サンチャゴ要塞があります。フィリピンの歴史や、英雄ホセ・リサール医師などについて学べます。フィリピンの歴史、スペイン植民地時代、活気ある現代のマニラを深く知ることができます。
  • 所要時間: 4 時間
  • 所要時間: 4 時間
最低価格  
$47.99 USD
最低価格  
$47.99 USD
詳細を表示

マニラ・スーパー・セーバー:マニラ観光とタガイタイ・ツアーとタール・ボルケーノ

景色の良いタガイタイとフィリピンの首都マニラ市を訪れる、ガイド付きの1日スーパー・セーバー・コンボ・ツアーです。まず訪れるのはリゾート・タウンのタガイタイです。タアル湖に囲まれた活火山のタールの火山島があります。それから探索するマニラには、16世紀のバロック様式のサン・アグスティン教会があります。また階層建ての要塞と軍事刑務所からなるサンチャゴ要塞があります。昼食、必要な入場料、加えてマニラのホテルまでの往復送迎が含まれています。
  • 所要時間: 8 時間
  • 所要時間: 8 時間
最低価格  
$118.00 USD
最低価格  
$118.00 USD
詳細を表示

マニラ・レイオーヴァーツアー:往復空港送迎を利用した夜間市内観光

スタンダードのスタジオやデラックスな宿泊施設で、マニラでの夜遊びをお楽しみください。また、半日の観光ツアーでマカティと旧マニラを訪れることもできます。午前または午後にプライベートガイドをご利用ください。また、マカティ市、フォーブスパーク、アヤラブールバードなどの様々な地区を通るエアコン付きの車で旅行します。アメリカ墓地と戦争記念館での第二次世界大戦の歴史を学ぶ。 Roxas BoulevardとLunetaを利用し、旧市街にあるユネスコのサンアグスティン教会に感心してください。この半独立的な体験には、朝食と往復空港送迎が含まれます。
  • 所要時間: 2 日
  • 所要時間: 2 日
最低価格  
$106.00 USD
最低価格  
$106.00 USD
詳細を表示

マニラの人気ツアー&アクティビティ


オンライン・電話で予約
+81 6 4560 2975
+81 6 4560 2975