新型コロナウイルスに関する対応についての詳細 をご覧ください。

さらに表示
検索履歴
クリア

ミャンマーの観光スポット

カテゴリー

アマラプラ
star-5
62
オプションツアー43件

マンダレーの南約11km、タウンタマン湖とエーヤワディー川の間に、古いビルマ王国のもう1つのかつての首都であるアマラプラの小さな町があります。塔や古代の宮殿の遺跡は別として、この街にはミャンマーで最も写真に撮られた光景の1つがあります。それは、完全にチーク材で作られた長さ1,200メートルの狭いウベーイン橋です。ぎこちなく見える橋は1784年に建設されましたが、まだ未使用の状態であり、深刻な修理は必要ありませんでした。創設者である元市長にちなんで名付けられ、1,000を超えるチーク材の丸太から建てられましたが、一部は廃墟となった王立都市の廃墟もありました。このように、湖にまたがるその信じられないほどの長さのために、Uベイン橋は世界で最も長いチーク材の橋として認識されています。夕日が橋の美しいシルエットを作り出し、その写真が自宅の多くのリビングルームを飾っているため、日没は特に人気があります。

散発的に、プラットフォーム、パビリオン、ベンチが橋に組み込まれ、旅行者に休息と東南アジアの燃える太陽からの保護を提供します。徒歩で渡るだけでなく、橋の始点にあるマハガンダヨン修道院に行く価値もあります。修道院はミャンマーで最大の僧院の1つで、最大1000人の僧侶が住んでいます。そのうちの何人かは、うねる赤いローブを着てチーク材の橋を散歩しているのをよく見かけます。訪問者はこれらの敬虔な仏教徒の生活を垣間見ることができ、食事の時間にはほとんど忙しすぎますが、廊下をさまよいます。

さらに表示

icon_solid_phone
お電話でも予約できます
+81 6 4560 2975
+81 6 4560 2975