検索履歴
クリア

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、観光スポットが閉鎖または一部閉鎖となっている場合があります。 予約前に、政府が公開する渡航情報を確認してください。 WHOは新型コロナウイルス感染症の状況を注視しています。詳しい情報については こちらよりご覧ください。

さらに表示

プノンペンの観光スポット

カテゴリー

Kandal Market (Phsar Kandal)
オプションツアー4件

カンダル・マーケットは、クメール語でプサー・カンダルと呼ばれています。「中央市場」を意味しますが、プノンペンにあるセントラル・マーケットとは別のマーケットです。カンダル・マーケットでは、衣類や日用品も売られていますが、主に庶民の台所として有名で、新鮮食材が中心に売られたマーケットです。

地元の雰囲気を味わってみたければマーケットに足を運んでみるのが一番です。香り、色彩、味などを通してカンボジアの雰囲気がまさに感じられる場所です。新鮮野菜が所狭しに並び、果物類もまるで宝石のように輝き、美しく飾られています。また、多種多様の新鮮な魚介類、精肉も売られており、まだ動いているものも目にします。活気に溢れ、人混みでごった返しているので少し窮屈な感じもしますが、ゆっくりと市場を見て回ってみてはどうでしょう。お店の人は親切で、野菜や果物の試食をさせてくれます。見た目や味はちょっと風変わりかもしれませんが、試してみる価値はあるでしょう。

さらに表示
Royal Palace
star-4.5
33
オプションツアー147件

トンレサップ川沿いに建つ王宮は、1866年に建設されました。中心に建つ即位殿は、戴冠式や国王の誕生日など、カンボジア王室の重要な王室行事が執り行われれる公務の場であると同時に、現国王の居住の場でもあります。

また、王宮の外側には、誕生、結婚や葬儀などの多目的の行事に使用された白いゾウの家があります。即位殿の建物内には入ることはできませんが、建造物の外観、手入れの行き届いた王宮の庭園内を散策するだけでも十分満足できます。カンボジア王立舞踊団のパフォーマンスを見学したり、国王が演説する際に演壇として使用されるチャンチャーヤ館のバルコニーも見学してみてはどうでしょう。

さらに表示
Choeung Ek Genocidal Center (Choeung Ek Killing Fields)
star-4
17
オプションツアー102件

チュンエクのキリング・フィールドは、 プノンペンから南に約15kmにあります。キリング・フィールドは、ポルポト政権(クメールルージュ武装勢力)下のカンボジアで、1975年から1979年まで何百万人という大量虐殺が行われた刑場跡の俗称です。政治犯収容所S21(トゥール・スレン)に付属する刑場としても造られ、その収容所の死体を含む約9,000体の死体が発見されています。

慰霊塔には、犠牲者の人骨が保管されており、5,000個の頭蓋骨をガラス越しに見ることができます。敷地内には、何十体にも及ぶ死体が放り込まれた大きな墓穴があります。死体はそれほど深い場所に埋められたわけではなかったので、特に大雨の後は、人骨、歯、衣類の一部などが、未だに地面にさらされています。キリング・フィールドは、次の世代にこの負の歴史を伝えて続ける場所となっているのです。

さらに表示
National Museum of Cambodia
star-2
1
オプションツアー71件

1920年にオープンしたカンボジア国立博物館は、歴史的価値の高いクメール芸術の世界最大コレクションを誇る博物館です。 美しいギャラリーの中には、カンボジア全土から出土した彫像や遺跡のレリーフ、王家の紋章などのクメール芸術、ヒンズー教や仏教の工芸品、宗教儀式に使用された品々、そして日用品なども展示されています。

青銅器や鋳造品、プレ・アンコール期、アンコール期の遺物、宮廷の装飾品、そして旧石器時代の遺物などが各時代に分かれて展示されています。中庭中央に座るジャヤヴァルマン七世像、ブロンス製のヴィシュヌ神の胸像や、新石器時代の陶磁器は必見です。

さらに表示
Phnom Penh Central Market (Phsar Thmey)
star-5
2
オプションツアー59件

プサートメイのセントラル・マーケットは、1937年に建てられた、カンボジアの首都プノンペン最大のマーケットです。巨大な黄色いドームが目印のセントラル・マーケットは、70年の歴史があり、プノンペンで一番人気のマーケットです。

日用雑貨、食料品、衣料品、アンティーク硬貨、ジュエリーなどが売られているお店が所狭しに並んでおり、アジアの混沌さや活気さが感じられるマーケットです。カンボジアでは、雨季に突入すると大雨が降ってマーケットの地面も浸水してしまうので、セントラル・マーケットくを訪問したければ、乾季の時期をお勧めします。

さらに表示
Phnom Penh Independence Monument
オプションツアー54件

独立記念塔は、1953年のフランス支配からの独立を記念して、1958年に建造された大きなモニュメントです。全長20mの独立記念塔は、アンコールワットの中央塔をイメージして造られ、空高くそびえ立っています。カンボジアの有名な建築家ヴァン・モリヴァンがデザインした記念塔は、咲き誇る蓮の大輪を連想させ、ナーガ(蛇神)の装飾がなされた5層のピラミッド型となっています。

独立記念塔は、プノンペンの中心に位置し、周辺りのロータリーはいつも車やバイクが往来する交通の要衝となっています。独立記念日には、毎年は盛大なセレモニーが開催され、戦争で亡くなった人々を弔います。独立記念塔の東側には、美しい公園が広がり、都会のオアシスとなっています。

さらに表示
Cambodia-Vietnam Friendship Monument
1件のオプションツアー

1970年代後半に建設されたカンボジア - べトナム友好記念碑は、カンボジアとベトナムが不可侵条約を締結し、その誓いの記念碑として設置されました。記念碑は、プノンペン市内中心のあるボトム公園に聳え立ち、宮殿からも比較的近い距離に位置しています。カンボジア・ベトナム戦争後に、トゥールスレン収容所やキリング・フィールドなどの虐殺を行なったポルポト政権を追い出した共産党によって建てられ、歴史的に重要な記念碑となっています。

この記念碑は、ベトナムとカンボジアの兵士の英雄的な彫像を備え、その前にカンボジアの市民を代表する女性と赤ちゃんの像が立っています。1930年代にソ連で発展した「社会主義リアリズム」のデザインで建設されました。

さらに表示

icon_solid_phone
お電話でも予約できます
+81 6 4560 2975
+81 6 4560 2975