検索履歴
クリア

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、観光スポットが閉鎖または一部閉鎖となっている場合があります。 予約前に、政府が公開する渡航情報を確認してください。 WHOは新型コロナウイルス感染症の状況を注視しています。詳しい情報については こちらよりご覧ください。

さらに表示

シェム リアップの観光スポット

カテゴリー

Kampong Phluk
オプションツアー87件

カンボジアでは高床住居の家が良く見かけられ、村人が家の下に架けられたハンモックでリラックスしてる姿をよく見かけます。コンポンプルックは、シェムリアップから約16kmにあるトンレサップ湖の湖畔にある集落です。人口約3,000のコンポンプルックは、ほとんどの村人が高床住居の家に住み、農業や漁業を営んで生活しています。 村はトンレサップ湖の浸水域に位置するため、雨季の半ば頃から湖に飲み込まれて水没してしまいます。村人たちは同じ場所に住居を構えながら、1年の半分を陸上で暮らし、もう半分を水上で暮らしすという、自然に歩調を合わせて生活しています。満水期の水位に合わせて家が建てられていため、床下の高さが6mにもなる高床式住居が見られます。

さらに表示
Kbal Spean
オプションツアー58件

アンコール遺跡のひとつであるクバール・スピアンは、シェムリアップの郊外に位置し、ストゥン・クバール・スピアン川の川底、川辺に刻まれたヒンドゥー教彫刻の遺跡です。「千のリンガの川」、または「千のリンガの谷」とも呼ばれるこの遺跡は、アンコール遺跡群から少し離れた場所にありますが、考古学好きや芸術好きには人気の観光名所となっています。

11世紀から12世紀にかけて砂岩からなる川床は削られ、ヒンドゥー教のシヴァ神、男根を象徴したリンガや女性器を象徴したヨニなどのシンボルや、聖なる生き物の彫刻が見られます。この彫刻の神聖な空間を流れる水は、聖水と化し、シェムリアップ全土を潤すように流れていくと言われています。山頂エリアにあるため、山の麓から山頂までごつごつした岩場や足場の悪い場所を通り約2kmのトレッキングが必要になります。トレッキングはかなりハードですが、カンボジアの歴史や芸術を鑑賞したければ、自然と一体化できるクバール・スピアンへのトレッキングはおすすめです。

さらに表示
Cambodia Landmine Museum
オプションツアー21件

アキ・ラー地雷博物館の創設者であるアキ・ラー氏は、少年時代からクメール・ルージュの兵士として従事していました。地雷を設置する兵士として戦争に借り出されていましたが、カンボジアの内戦終結から、地雷除去の技術を独学で身につけ、たった1人で何万個もの地雷を撤去してきました。1997年にアキ・ラー地雷博物館と同時に、地雷の被害にあった子供たちや戦争孤児のために学校も併設しています。

施設では、肉体的、身体的に傷を負った孤児が数十人が暮らしており、アキ・ラー氏が里親となっています。子供達には、英語を含む教育が与えられ、大学や職業学校の教育を受ける機会も与えられています。学校は見学することができませんが、博物館は一見の価値があります。館内には撤去した地雷などが展示されており、地雷が実際どのように仕掛けられたかなどを、写真やパネルを展示して分かりやすく紹介されています。博物館への募金は、子供たちへの教育の支援に使われています。

さらに表示
Angkor Night Market
オプションツアー5件

アンコール・ナイト・マーケットは、カンボジアで初めて観光客向けのナイトマーケットとして2007年にオープンしました。広大なホールでは、 240以上の店が軒を連ね、民芸品、シルク製品、伝統的な宝飾品、洋服、雑貨、クメール様式の木工品や石製工芸品などいろいろな買い物が楽しめます。

豊富な品ぞろえがあるため、お土産を探しに行くのに最適の場所です。また、カンボジアの定番料理を楽しめる屋台も立ち並んでいたり、ゆっくりとビールやカクテルをや味わえるオシャレなバーもあります。伝統的なマッサージ店もあるので、マッサージを受けながらリラックスするのもおすすめです。

さらに表示
Beng Mealea
オプションツアー253件

ベンメリアは、アンコール・ワット約40kmの東方に位置します。ベンメリアは、アンコール・ワットとの類似点が多いことが特徴で、「東のアンコール・ワット」とも呼ばれ、アンコール・ワットに先立ち、12世紀にスーリヤヴァルマン2世によってそのモデルとして造営されたといわれています。また、アニメ『天空の城ラピュタ』のモデルとなったと噂されている遺跡です。

寺院は、かつて深い森の中に廃墟となってい、現在も修復が施されないままに放置されています。密森の中にひっそりと静かな佇まいを見せており、太古から存在する悠久の重みを感じます。巨大な堀に囲まれたベンメリアの入口は、東西南北の方向にありますが、東側が正面入口となっています。ベンメリア遺跡は、南側から入ることができ、精巧な彫刻が施された砂岩建造物のいたるところに熱帯樹が根を伸張しており、薄暗く神秘的な空間が広がっています。

寺院の構造は、中枢の中央祠堂を取り囲む三重の回廊がありましたが、現在はすべて倒壊しています。崩れ落ちた第三回廊の内側には、経典や書物の保管庫であった図書館があり、最も原型をとどめている遺跡です。ヒンズー教の神話が描かれた精巧な彫刻も美しく、参道の欄干は、7つの頭を持つナーガ(蛇)の像で縁取られています。

さらに表示
Siem Reap Old Market (Phsar Chas)
オプションツアー5件

オールド・マーケット、またはプサー・チャー(旧市場)は、シェムリアップの街を代表する市場です。主に住民向けの生鮮食料品や生活用品を販売していますが、お土産、アクセサリーや手工芸品なども販売されており観光客に人気の市場です。

価格は交渉制ですので、フレンドリーな売り子と気軽に交渉を楽しんでみてください。狭い通路には、所狭しに商品が山積みにされ、地元の人達でごった返しているので、まさにアジアの活気さを感じる場所です。近くに位置するシェムリアップの繁華街、パブストリートに負けないぐらいの賑やかさです。プサー・チャーに北側には、食事処が集まっており、新鮮なカンボジア料理の飲食店が軒を連ねています。

さらに表示

icon_solid_phone
お電話でも予約できます
+81 6 4560 2975
+81 6 4560 2975