検索履歴
クリア
円覚寺
円覚寺

円覚寺

Tokyo, Japan, 247-0247

基礎

円覚寺は鎌倉の森林に覆われた丘の下の静かな場所にあります。創業は700年以上前にさかのぼりますが、建物の多くはそれよりも新しいものです。円覚寺は、その驚くべき建築と非常に貴重な8.5フィート(2.6メートル)の寺院の鐘で有名であるだけでなく、仏陀の歯の1つが聖骨箱に収容されていると考えられているため重要です。この寺院は、日本の仏教にとって長い間非常に重要でした。明治時代(1868-1912)に、関東地方の禅の教えの中心になりました。禅瞑想(座禅)セッションは今でもここで毎日開催されています。

東京の訪問者は通常、寺院、神社、僧院が密集している鎌倉への日帰りまたは一晩の旅行で円覚寺に来ます。また、地元の電車で独立して、またはガイド付きの日帰りツアーでそこに行くこともできます。

Show all

行く前に知っておくべきこと

  • 円覚寺は、宗教建築や歴史愛好家に最適です。

  • 寺院への入場には少額の入場料がかかります。

  • お寺の横には、日本茶やお菓子を眺めながら楽しめる茶屋があります。

  • 複合施設内の18の寺院すべてが訪問者に開放されているわけではありません。これは、稼働中の修道院であるためです。

  • 車いす利用者向けに傾斜路が追加されていますが、凹凸のある表面や段差が多く、総合的なアクセスが困難です。

Show all

そこに着く方法

円覚寺は、JR横須賀線の北鎌倉駅のすぐそばにあり、東京の中心部から電車で90分です。

Show all

いつそこに着くか

寺院は3月から11月まで毎日午前8時から午後4時30分まで、12月から2月まで午前8時から午後4時まで開いています。円覚寺を訪れるのにおそらく秋は最も美しい時期です。12月初旬に最も美しい紅葉、特にカエデがシンプルな建物を活気づけます。

Show all

大仏、大仏を訪ねる

円覚寺は普段は人で賑わっていませんが、近くの高徳院の大仏は人でいっぱいです。外に瞑想的なポーズで座っている37フィート(11.4メートル)の青銅色の仏像は、日本の最も象徴的な光景の1つであり、鎌倉を訪れる際には見逃せません。円覚寺や大仏など鎌倉の名所への訪問を1日で簡単に組み合わせることができます。

Show all