Temple of the Dragon (Huaco el Dragon)

Temple of the Dragon (Huaco el Dragon)
Temple of the Dragon (Huaco el Dragon) is an immaculately preserved Chimú temple just outside Trujillo. The pyramid-shaped adobe structure features intricate frieze murals depicting rainbows, dragons, and figures that have valiantly stood the test of time. Less known than other Chimú sites, this anti-seismic temple is an engineering marvel.
 
The Basics
With a local guide, learn the history and various theories surrounding the mysterious pre-Inca site, also known as Huaca Arco Iris (Rainbow Temple), built by the Chimú people, who lived in northern Peru from about AD 900 to the 1400s. Inside the temple, the namesake figure carved on the walls takes the form of a two-headed creature like a dragon, but with countless legs like a centipede. Scholars believe the temple’s rainbow carvings, which represent rain—a precious life-giving resource here in the dry coastal desert—are a tribute to fertility. There is also evidence that the walls were once painted, although erosion from rains and centuries of looting have left the walls with only a hint of yellow glow. 

Travelers often visit this religious administrative and ceremonial center as part of an archaeological tour out of Trujillo that also includes larger temple complexes such as Chan Chan, a UNESCO World Heritage Site. 
 
Things to Know Before You Go
  • Temple of the Dragon is a must-see for archaeology and culture aficionados.
  • The entrance fee to see this site is included within the entrance fee to Chan Chan.
 
How to Get There
Temple of the Dragon is located about 2.5 miles (4 kilometers) outside of Trujillo in the La Esperanza suburb. You can reach the temple via public bus from Trujillo (there is a drop off in front of the temple), or by taxi or private tour. Inquire at your hotel about the best way to arrive.

When to Get There
The temple is open daily from 9am to 4pm.

Chan Chan, Ancient Capital of the Chimú
Gain a greater understanding of the Chimú civilization by venturing from Temple of the Dragon to the nearby Chan Chan site. As the largest pre-Columbian city in South America, the adobe-walled archeological complex was the center of Chimú culture and politics until 1470, when the Incas arrived and promptly conquered the city. Led by a guide, explore the vast array of shrines, burial grounds, rain reservoirs, and ceremonial plazas flanked by walls adorned with friezes. 
住所: Trujillo, Peru, ペルー
入場料: Varies
さらに表示

ツアー&アクティビティ (3)

カテゴリー
日付を選択
絞込み




絞込み条件を解除
絞込み条件を解除
並べ替え:標準

トルヒョからの考古学ツアー:チャン・チャン、フアンチャコ、太陽と月の寺院、ドラゴン・テンプル

トルヒーヨの最も重要な考古学的遺跡には、この地域の最も大気で驚異的な遺跡の文化的な一日ツアーがあります。モチェの寺院の神聖な構造を探索する。 Huanchacoの沿岸の町で地元の特産品をお楽しみください。ユネスコ世界遺産のチャン・チャンで南アメリカ最大の古代都市を発見することができます。知識豊富なガイドが同行し、このエキサイティングな考古学的な遠足について、その地域の歴史的知識を豊かにしてください。
  • 所要時間: 8時間
  • 使用言語: 英語
  • 所要時間: 8時間
  • 使用言語: 英語
最低価格  
$108.15 USD
最低価格  
$108.15 USD
詳細を表示

トルヒョコンボツアー:ドラゴン宮殿、チャンチャンとハンチャココ

信じられないほどの考古学的な場所と人気のあるビーチサイドの村への旅行を組み合わせた、数時間のツアーでトルヒーリョから出発しましょう。あなたの冒険は、その驚くほど詳細な凍りつきで知られているドラゴン寺院を訪れることから始まります。そして、ペルーのチムー文明の一度だけの首都、チャンチャンを探索してみてください。エキスパートガイドは、この興味深いサイトの歴史と意義を詳細に説明しています。あなたの最終的な停止はHuanchaco、そのcaballitos de totora、または漁船で知られている沿岸の町です。
  • 所要時間: 3時間
  • 使用言語: 英語
  • 所要時間: 3時間
  • 使用言語: 英語
最低価格  
$40.00 USD
最低価格  
$40.00 USD
詳細を表示

プライベートコンボツアー:トルヒーリョ観光、考古学博物館、太陽と月の寺院、フアンチャコとチャンチャン

1日のツアーでトルヒョとその近くの考古学的遺跡を探索してください。まず、Trujilloのプライベート観光ツアーをお楽しみください。最愛のセントラルマーケットのような観光スポットでお立ち寄りください。その後、国立考古学、人類学および歴史博物館のガイドツアー、Mocheの寺院(太陽と月の寺院を含む)、美しい海辺の町Huanchacoを訪れてください。元首都ペルーのチムー人であったチャン・チャンの古代遺跡の中をさまよって一日を過ごしてください。
  • 所要時間: 8 時間
  • 使用言語: 英語
  • 所要時間: 8 時間
  • 使用言語: 英語
最低価格  
$121.27 USD
最低価格  
$121.27 USD
詳細を表示

トルヒーリョのイチ押し観光スポット

トルヒーリョのおすすめ


オンラインまたは電話で予約
+81 6 4560 2975
+81 6 4560 2975